トップページ > 震災・原発事故からの復興 > 浪江町中心市街地再生計画の第2回検討委員会が開かれました

浪江町中心市街地再生計画の第2回検討委員会が開かれました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月4日更新

浪江町中心市街地再生計画の第2回検討委員会が開かれました

10月28日(金曜日)浪江町役場本庁舎ほか において、第2回浪江町中心市街地再生計画検討委員会が開催されました。

浪江町中心市街地再生計画とは?

東日本大震災からの早期復興と将来に向けた希望の持てるまちづくりを目指し、従来から歴史、文化、交流の拠点である中心市街地の再生を目的とするものです。
町民、学識経験者、各種団体の役員等で構成する「浪江町中心市街地再生計画検討委員会」を本年9月に設置し、今後、検討委員会での話し合いを進め、平成28年度中に中心市街地再生計画を策定することにしています。

検討委員会の様子

第2回検討委員会では、まず、委員の方々に浪江町の中心市街地の現状を視察していただき、その後、本庁舎会議室において、中心市街地の将来のあるべき姿について検討いただきました。

資料等についてはコチラをご覧ください。

駅視察

本庁舎からバスにて町内を見ていただき、その後、浪江駅前から徒歩で中心市街地を視察していただきました。

郵便局視察

視察は浪江郵便局や浪江小学校を見た後、新町通りを経由して浪江駅西側の地域スポーツセンターなどをご覧いただきました。

会議

会議では、職員から10月16日に行われた『浪江町中心市街地の未来を考える集い』で町民から出た意見等を報告し、委員の方々に中心市街地再生についての課題や必要な機能・施設等について話し合っていただきました。

今後の日程

第3回検討委員会は以下の通り予定しています。

日時:12月7日(水曜日) 13時30分から
場所:浪江町本庁舎 2階 大会議室