トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 浪江町長室 > 町長の最近の主な動き > 町長の最近の主な動き(平成28年度上期)

町長の最近の主な動き(平成28年度上期)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日更新

平成28年9月24日

特例宿泊者との懇談会に出席しました。町内一部での特例宿泊は平成28年9月1日より開始され、実際に宿泊された方々より、除染への不安、イノシシの被害、病院や買物の心配等様々な課題を伺いました。

特例懇談会

平成28年9月16日

復興公営住宅「北原団地(南相馬市)」鍵引渡し式に出席しました。相双地方における県営災害公営住宅の入居開始は初めてとなります。

公営住宅鍵引渡し式

平成28年9月5日

磐城国道事務所と浪江町との間で結ぶ「道の駅設置に関する協定」の締結式を行いました。この協定は町内(大字幾世橋地内)に整備する道の駅について、国と町が協力し道の駅にふさわしい良好なサービスを提供し、道路利用者の利便性、快適性の向上と地域の振興に寄与することを目的としています。

道の駅協定

平成28年9月1日 

浪江町内の一部での特例宿泊開始にあたり、帰還支援一時宿泊所として町が借り上げた「ホテルなみえ」のオープニングセレモニーに出席しました。続いて、警察・消防のほか、町の防犯見守り隊や防犯委託業者、交通安全協会、復興除染等関連事業者の皆さんが参加した「パトロール強化出動式」に臨みました。

ホテルなみえオープニング パトロール強化出動式

 平成28年9月1日

福島第一原発の周辺11市町村と福島県、東京電力ホールディングス株式会社との間で新しく結ばれた「福島第一原子力発電所の廃炉等に係る周辺市町村の安全確保に関する協定」の締結式に出席しました。

 東電との安全確保協定締結式

平成28年8月29日

福島県知事および周辺市町村長と共に、今後廃炉作業を進めるにあたって燃料デブリを安全かつ確実に取り出すこと、国の責任において放射性廃棄物の最終処分の議論を進め、県外において適切に処分することについて、経済産業大臣へ申し入れました。

経済産業省への申し入れ

平成28年8月10日

浪江町復興計画【第二次】策定委員会の第1回会議に出席し、21名の委員の方々を代表して福島大学名誉教授の鈴木浩氏に委嘱状を手渡しました。

第二次復興計画策定委員会にて 第二次復興計画策定員会にて

平成28年8月9日

浪江町内の視察に訪れた今村雅弘復興大臣・長沢広明復興副大臣に対して、吉田議長とともに町の状況を説明し、大平山霊園にて町からの要望書を手渡しました。(左から、長沢副大臣、今村大臣、馬場町長、吉田議長)

大平山にて今村復興大臣に要望書

平成28年7月12日

あぶくま信用金庫浪江支店のリニューアルオープン・セレモニーにて挨拶し、テープカットに参加しました。浪江町で金融機関が再開するのは初めてです。

あぶくま信金浪江支店のオープニングセレモニー あぶくま信用金庫浪江支店のオープニングセレモニー

平成28年6月23日から7月5日

福島県内外8か所(東京都、仙台市、福島市、郡山市、二本松市、南相馬市、いわき市、会津若松市)で行われた住民懇談会に出席しました。町からは「避難指示解除に関する有識者検証委員会」からの報告や今後の取り組みについて、国からは避難指示解除に関する考え方について、それぞれ説明を行い、町民の皆様のご意見を伺いました。

住民懇談会

平成28年6月16日

双葉郡町村会長として霞が関を訪れ、復興庁、自民党東日本大震災復興加速化本部、厚労省、経産省、国交省、環境省等にて要望活動を行いました。平成29年度の政府概算要求に双葉郡の要望を反映するためです。

要望活動 要望活動

平成28年5月26日

宮城県名取市の閖上水産加工団地の完成記念式典に出席しました。ここには浪江町で水産業を営んでいた事業者(株式会社鈴栄)の方が加工場を再開させています。

名取市の閖上水産加工団地 の完成記念式典 閖上水産加工団地に再開した加工場

平成28年5月15日

大震災後、今年で3回目となる浪江町内(酒田地区)での田植えに参加しました。今年は県内外の大学から約50名の学生の皆さんも参加、一緒に田んぼに入って手植えを行いました。今年の収穫米も、昨年に引き続き全量全袋検査の上で販売を目指します。

町内での田植え 町内での田植え

平成28年5月14日

二本松市内の仮校舎で行われた浪江小・津島小の運動会に参加し、全校児童11名へ激励の言葉を贈りました。

浪江小・津島小の運動会にて

平成28年4月30日

日本弁護士連合会主催のシンポジウム「大規模災害と法制度」にて、講演を行い、あらためて福島第一原発事故当時の町の状況やその後の対応などについてお話ししました。

日弁連のシンポジウムで講演

平成28年4月27日

いわき市長、双葉郡8町村の首長とともに東京を訪れ、遠藤利明五輪担当相、石井啓一国土交通相と会談して要望活動を行いました。遠藤大臣には、2020年の東京五輪における浜通りでの競技開催、五輪関連事業の実施や合宿誘致を、また石井大臣に対しては、常磐線の早期復旧と特急列車のいわき駅以北での運行、常磐自動車道全区間の早期4車線化などを要望しました。

五輪担当大臣に要望 国交大臣に要望

平成28年4月22日

二本松市内で行われた行政区長会定期総会に出席し、49行政区長の皆さまへ委嘱状の交付を行いました。代表として佐藤会長(権現堂1区)に委嘱状を手渡す様子です。

行政区長会で委嘱状を手渡す

平成28年4月6日

二本松市内の仮校舎で授業を行っている浪江中学校の入学式に出席し、今年の新入生3名に祝いの言葉を贈りました。その中で町長は、「ふるさと浪江」について学ぶことができる中学校は他にないとしたうえで、受け継がれてきた歴史と文化・伝統をしっかり学び、「浪江町に生まれ育ったことに誇りを持っていただきたい」と述べました。

浪江中学の入学式で祝辞を述べる町長