トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 特別通過交通運用開始に伴う帰還困難区域への一時立入方法について

特別通過交通運用開始に伴う帰還困難区域への一時立入方法について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月12日更新

特別通過交通開始に伴う帰還困難区域の一時立入方法について

特別通過交通運用対象路線

国道114号(津島水境から室原)
県道34号(立野から室原)
県道49号原町浪江線(原浪トンネル南)

特別通過交通運用開始日

平成29年9月のお彼岸頃を目標に運用を開始する。
(国から公表がありましたら、ホームページ等で再度お知らせいたします。)

注意事項

運用開始に伴い対象沿線の帰還困難区域(津島全域、室原)への立入りは、通行証や臨時通行証で立ち入ることはできません。

彼岸時期のお墓参りなどで、帰還困難区域に立入る場合は、事前に国のコールセンターへ申請し、一時立入車両通行証の交付を受けてから立入ることになりますので、ご注意ください。

また、立入りの申請はお早目に行っていただくよう、お願いいたします。

帰還困難区域への立入りに関する詳しいご相談については、コールセンター(0120-220-788)へお問い合わせください。

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。