トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 町内への立入り > 町内への立入りについて > 国道114号、県道34号及び県道49号における特別通過交通制度の適用について

国道114号、県道34号及び県道49号における特別通過交通制度の適用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月15日更新

概要

国道114号の津島ゲート-室原ゲート間については、帰還困難区域であることから一般車の通行が制限されていました。
国道114号は、中通りと浜通りを結ぶ主要幹線道路であることから、国に制限なく通行できるよう要望を行い、関係機関と協議を進めてきました。その結果、国道114号、県道34号及び県道49号について、帰還困難区域の特別通過交通制度を適用し、通行証の所持・確認を要せずに通過できるようになります。

運用対象路線

国道114号(津島水境から室原)
県道34号(立野から室原)
県道49号原町浪江線(原浪トンネル南)

運用開始日

平成29年9月20日(水曜日)6時00分

特別通過交通運用開始後の帰還困難区域の一時立入方法について 

運用開始に伴い対象沿線の帰還困難区域(津島全域、室原)への立入りは、通行証や臨時通行証で立ち入ることはできません。
彼岸時期のお墓参りなどで、帰還困難区域に立入る場合は、事前に国のコールセンターへ申請し、一時立入車両通行証の交付を受けてから立入ることになりますので、ご注意ください。
詳しくは、「特別通過交通開始に伴う帰還困難区域の一時立入方法について」のページをご覧ください。

参考資料(国発表資料)

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。