ひとり親医療費助成事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月1日更新

ひとり親家庭の親と児童(18歳まで)および父母のいない児童のために医療費の一部を助成します。

助成を受けるためには、あらかじめ受給資格者として登録し、医療機関の窓口で支払った医療費(各種医療保険適用による自己負担分)について同一受診月ごとに1世帯を合算して1,000円を越えた金額を給付します。

なお、平成24年10月から18歳までの児童は、子ども医療費助成が優先となります。