特別児童扶養手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月27日更新

身体または精神に中度または重度の障がい(政令別表第3に該当)を有する20歳未満の児童を監護している父もしくは母、または父母にかわって児童を養育している人に支給されます。

ただし、次のような場合には手当ては支給されません。

  1. 手当てを受けようとする人、対象となる児童が日本に住所を有していない場合
  2. 児童が肢体不自由児施設や知的障害児施設などの施設に入所している場合
  3. 児童が障がいを理由として厚生年金などの公的年金を受けることができる場合

手当ての額

  • 1級該当児童1人につき 月額51,100円
  • 2級該当児童1人につき 月額34,030円

※平成24年1月1日施行の「原発避難者特例法」により、避難先自治体で申請ができるようになりました。必要書類等がありますので、申請前にご相談ください。