トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 平成29年度上半期の話題

平成29年度上半期の話題

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月5日更新

幾世橋住宅鍵引き渡し  幾世橋住宅テープカット

6月30日、町が整備を進めていた幾世橋住宅団地第1期(22戸)完成式が行われました。式典では、入居者代表の方への鍵引渡しや記念碑の除幕式が行われ、同日より入居開始となりました。この住宅は、町が整備した初めての災害公営住宅で、第2期63戸は平成30年3月完成予定です。

テープカット 外観

6月16日、東邦銀行浪江支店・双葉支店の営業が再開しました。権現堂にあった旧浪江支店から、役場本庁舎東側近くにある空き店舗へ移転してのオープンとなります。金融機関の再開は、あぶくま信用金庫浪江支店、JA福島さくら浪江支店、浪江郵便局に続き4店舗目です。

田植え体験 総長田植え

5月20日、浪江町酒田地区で恒例となった田植えイベントが開催され、浪江町と交流のある県内外の大学生が参加しました。イベントは田植え体験のほか、町内視察や地元の皆さんとのワークショップで浪江町の「今」を体感していただきました。また、5月22日には、東京大学の五神真総長が浪江町の視察に訪れ、田植えを通して生産者との交流を行いました。

浪江小・津島小運動会和太鼓

5月13日、浪江小・津島小学校(二本松市)体育館で「浪江小・津島小まるごとなみえっ子運動会」が行われました。
「みんなで絆を深めよう! 笑顔で元気な なみえっ子5(ファイブ)!!」をスローガンに、児童5名が全力を尽くしました。

花と緑いっぱいのふるさとづくりプロジェクト

4月14日、浪江町役場で「花と緑いっぱいのふるさとづくりプロジェクト」”市町村の花”の花壇完成セレモニーが行われました。セレモニーでは、県の花「ネモトシャクナゲ」の苗木の植樹、町の花「コスモス」の種まきが行われ、町民の方などの憩いの場になればという思いで花壇が整備されました。

JR常磐線運転再開 JR常磐線運転再開

4月1日、浪江駅にてJR常磐線浪江駅-小高駅間の運転再開式が行われました。震災後、6年ぶりの運転再開となります。