トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 「浪江町タブレットを利用したきずな再生・強化事業(システム設計・開発)」の受託候補者を選定しました

「浪江町タブレットを利用したきずな再生・強化事業(システム設計・開発)」の受託候補者を選定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月3日更新
平成23年3月11日に発生した東日本大震災と津波、及びその後発生した東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質による汚染被害により、依然約2万人の全町民が避難生活を余儀なくされています。

町民への行政情報・防災情報の迅速かつ的確な提供、失われた地縁の再生とコミュニティの維持を目的とした、全世帯へのタブレット端末配布とアプリケーション提供を行う『浪江町 タブレットを利用したきずな再生・強化事業』につきまして、企画提案を募集を行い、受託候補者を選定いたしましたのでお知らせいたします。