トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 浪江町の交流・情報発信拠点施設基本計画策定支援業務委託の事業者選定に係る公募型プロポーザルに関する質問および回答について

浪江町の交流・情報発信拠点施設基本計画策定支援業務委託の事業者選定に係る公募型プロポーザルに関する質問および回答について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月8日更新
 本プロポーザルに関して現時点【平成 27 年5月8日(金曜日)正午】まで提出された質問内容について、下記のとおり回答いたします。
項目質問項目対象箇所内容回答内容
1各様式のデータ様式
について

6. 関連資料
様式一式

各様式はHPからダウンロードすることはできますが、
PDFファイルなので、WordまたはExcelで頂くことは
可能でしょうか。

各様式のWordデータを提供いたします。
(様式第 1号)プロポーザル参加表明書
(様式第 2号) 会社実績
(様式第 3号) 予定技術者の経歴等
(様式第 4号) 予定技術者の業務実績
 (様式第 5号) 技術提案書
(様式第 6号)  業務実施 体制(予定技術者)
(様式第 7号) 技術提案(業務の実施方針等)
(様式第 8号) 技術提案(業務に関する具体的提案)   

2予定技術者の業務実績
について   
6.関連資料  

同種業務の施設規模が評価対象となっています。
通常の業務実績を証する資料である「TECRIS」の登録内容以上の部分が必要だと推測され、弊社はそれ以外に報告書(概要版)を添付したいと考えています。上記書類を、監理技術者及び同種業務の実績としての判断材料としていただけますでしょうか。

「参加表明書及び技術提案書作成要領」のその3.(1)業務実績を証する資料として、(2)により、TECRIS登録業務については、登録書あるいは業務カルテの写しを基本としますが、なお、補足すべき資料が必要と判断される場合は、提出してください。

3技術提案について    

6. 関連資料
様式一式

提案内容(提案力)」の判断基準を見ると、コンセプトの明確さや事業効果等が挙げられており、業務で行うべき内容まで踏み込んだ提案を盛り込む必要があると考えております。国などのプロポーザルでは、そこまで踏み込んだ提案書は減点あるいは失格となるケースがあります。
本件は、コンセプトの提示や基本計画に踏み込んだ提案を行ってよいと解釈してよろしいでしょうか。
今回、提案いただく内容は、「評価項目」の判断基準において、本町が課題と認識する9項目を示していますので、当該項目にしたがった提案をお願いします。
4その他その他

技術提案書提出前に現地を確認したいと考えております。
現地に入ることは可能でしょうか。

業務により浪江町内に立ち入る場合は、1日のみの臨時通行手続きを行っていただくことにより可能になります。なお、許可申請手続きの窓口は、浪江町役場 生活支援課 生活安全係になりますが、福島出張所等でも手続きが可能です。
【問い合わせ先】 
 電話 0243-62-0151 fax 0243-22-4262

 町の立ち入り申請関係のHPリンク

【Wordファイル】
Wordファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Word が必要です。
お持ちでないかたは、マイクロソフト株式会社のホームページからWordのファイルを表示、印刷することができるWord Viewerを無償で入手できます。
Word Viewer のダウンロードページにリンクします。新しいウィンドウが開きます。