重度心身障がい者医療費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月5日更新

重度の障がいのある方が、病気やケガで治療または入院した際、医療費の自己負担額を助成します。

助成の対象者 身体障害者手帳 1・2級
3級(内部障害)
療育手帳
Bかつ身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳 
所持者
精神障害者保健福祉手帳 1級
2・3級かつ身体障害者手帳または療育手帳 所持者

※所得制限…本人・配偶者・扶養義務者の方で一定額以上の所得がある場合は助成の対象になりません。

登録申請に必要なもの

助成開始月

登録申請手続きをした月の翌月の1日から対象となります。
重度心身障がい者医療受給者証を交付します。

助成申請方法

医療機関受診により窓口で一部負担金を支払った場合は、重度心身障がい者医療費給付申請書 [PDFファイル/68KB]に医療機関から証明を受け、役場福祉こども課へ提出してください。

 平成23年3月11日以降(平成25年2月28日まで)の一部負担金については、今回の東日本大震災および原発事故での支援措置として、ご加入の医療保険から助成されます。3月11日以降、病院等の窓口で自己負担を支払った方は、ご加入の保険者へ「一部負担金等還付請求書」を提出することによって還付を受けることができますので受診時加入の保険者へ請求してください。

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。