トップページ > 組織でさがす > 住宅水道課 > 町営住宅などに関すること

町営住宅などに関すること

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

町営住宅

町では浪江町に居住することを希望する方々のために新たな町営住宅の整備を進めています。

幾世橋集合住宅

管理区分:福島再生賃貸住宅

概要:幾世橋地区にある集合住宅(旧雇用促進住宅)の大規模改修を行い、RC造5階建 2棟 合計80戸の住宅を整備します。

入居対象:平成23年3月11日時点浪江町内に居住していた方および浪江町に転入する方で、世帯の収入が基準額(月額487,000円)を超えない世帯

幾世橋住宅団地

管理区分:災害公営住宅

概要:幾世橋地区(浪江東中学校東側及び北側)に新たに宅地を造成し、木造平屋戸建住宅 第1期工事 22戸 第2期工事 63戸 合計85戸の災害公営住宅を整備します。

入居対象:平成23年3月11日時点浪江町内に居住していた方で、町への帰還に際し居住する住宅ないと認められる方(1~4のいずれかに該当する世帯)

    1.東日本大震災により居住していた住宅が全壊・全流出の世帯

    2.東日本大震災により居住していた住宅が半壊・大規模半壊で解体した、または解体することが確実である世帯

        (解体申請に係る環境省発行の受付票の写しの提出が必要です)

    3.帰還困難区域に居住していた世帯

    4.その他、町への帰還に際し、町内に居住する住宅がないと認められる世帯

※新しく整備する町営住宅の入居者募集等について

現在予定している入居等に関するスケジュールは以下の通りです。

入居者募集等スケジュール
時  期内 容
    平成29年6月幾世橋住宅団地(災害公営住宅)第1期22戸入居開始
    平成29年8月

幾世橋集合住宅(福島再生賃貸住宅)80戸入居開始

    平成30年4月幾世橋住宅団地(災害公営住宅)第2期63戸入居開始予定

※幾世橋集合住宅および幾世橋住宅団地第2期の空き住戸については平成29年10月に入居者募集を行う予定です。

※上記スケジュールは諸事情により予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

福島県が整備する復興公営住宅

福島県では原子力災害により避難指示を受けている方を対象に復興公営住宅の整備をしています。

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。