浪江町空き家・空き地バンクとは

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月22日更新

1. 空き家・空き地バンクとは、浪江町が実施する住宅確保と生活再建を促進するための仕組みです。

2. 町内の空き家・空き地の物件情報を広く提供し、浪江町に住まう方々の住宅確保に貢献できるよう、≪浪江町空き家・空き地バンク≫を開設しています。

3. 情報提供は、町のホームページおよび本庁舎 住宅水道課窓口にて行います。

☆ここが ≪新しい≫ 浪江町空き家・空き地バンク

1. 浪江町空き家・空き地バンクに登録される売却希望の空き家(戸建住宅)について、町が住宅診断(インスペクション)を実施します。

2. 住宅のプロによる住宅診断を実施することにより、安心してご利用いただける情報を提供します。

 ※ 住宅診断は売却希望の戸建住宅のみを対象として実施します。

 ※ 物件の状況により、住宅診断実施の対象とならない場合があります。

 ※ 住宅診断とは: 国土交通省が平成25年6月に示した「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に則って行う、住宅診断士による住宅の診断です。

空き家・空き地バンク登録(情報提供)までの流れ

1. 所有する空き家・空き地を「売りたい」「貸したい」方は、バンクへの登録申し込みをしていただきます。登録申し込みをいただくと、指定宅地建物取引業者による物件調査を行います。物件調査終了後、物件情報をバンクに登録します。

2. バンクに登録された物件の情報は、町のホームページ等で公開されます。

  ※ 空き家の登録申し込みの場合は、指定宅地建物取引業者による物件調査および住宅診断士による住宅診断(売却希望の戸建住宅のみ)を経て、バンクに登録されます。 

登録までの流れ

バンク利用(交渉・契約)までの流れ

1. 空き家・空き地バンクの登録物件情報を閲覧し、興味のある物件が見つかった方は、バンク利用申し込みをしてください。

注 バンク登録物件の利用申込条件:利用申込者自らが登録物件(住宅)に居住する、もしくは自らが居住する住宅を登録物件(土地)に建築すること

2. 町から指定宅地建物取引事業者および物件所有者等に、物件案内、交渉等行うよう連絡します。登録物件に関する交渉・契約等は、指定宅地建物取引事業者の仲介によって進められます。

利用の流れ

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。