災害危険区域の指定

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月30日更新

津波による甚大な被害があった地域を災害危険区域に指定しました

東日本大震災による津波によって、家屋の流出などの被害が著しかった地域において、住宅などの建築を制限します。

災害危険区域とは

東日本大震災と同様の津波が発生した場合、浸水被害を受ける可能性が高い区域を基本として、住居等の建築物の制限を行い、住民の生命を守り、財産の損失を軽減するために町が設定する区域です。

指定の内容(建築制限)

区域を指定することによって、当該区域内は、住居の用に供する建築物の建築が制限されます。
・制限される建築物
 住宅、アパート、ホテル、民宿、児童福祉施設、医療施設などの宿泊を伴うものです。それ以外の店舗や工場、倉庫などの建築は可能です。
指定する区域
大字小字

北幾世橋

荒井の一部、荒井前の一部、北御門の一部、経塚、薬師欠

棚塩

荒屋敷、西谷地、越福堂、北瓜廹の一部、古屋敷、根町、南川原、中舛倉、古川、向川原、舘野、穴田、町田、上荒井前、大谷地、北大谷地、原下の一部、砂田、宮田の一部、下浜田、本町、前畑、荒井前、東原の一部、豊田、小熊野

請戸

前田、高田町、塚ノ越、御壇ノ西、持平、長田坊、一丁目、二丁目、三丁目、南荒田、北荒田、上谷地、小谷地、谷地畑、森子田、大道、立ノ町、根岸、石井前の一部、大平町、南廹の一部、天神渕の一部、鍛冶屋川原、土樋、古川、舛倉、角畑、北久保、南久保、大師堂、川原、芳崎、中島、本町、東迎、明神前、新町、雷、芝草、御塚ノ北、雨垂、浮沼、川井、落合、左島塚、六反田、東向

中浜

西原、南原、長沼、西川原

両竹

森合、本町、蛭田、原田、北庄司口、近道原、長沼、カブメキ、持平、佛道、小和田の一部、的場、八斗蒔、庄司口
災害危険区域図
災害危険区域図

詳しい図面が閲覧できます

場所:浪江町役場本庁舎(まちづくり整備課)
時間:8時30分から17時15分
   (土・日曜日、祝日を除く)