トップページ > 組織でさがす > 住民課 > 浪江町内のごみの回収について

浪江町内のごみの回収について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月2日更新

 現在、町内では片づけごみの回収を行っています。浪江のお宅から出たごみの出し方については、いまいちどご確認ください。
※帰還困難区域のごみの出し方については
 「帰還困難区域での片づけごみ回収について」をご覧ください。

町内の片づけごみ回収について(帰還困難区域は除く)

ごみの種類回収方法

可燃ごみ

(生ゴミ・紙類・衣類・プラスチック類
・ペットボトル)

透明な袋に入れ、最寄りのごみステーション(帰還困難区域は除く)に
出してください。(週1回程度、業者が回収します。)
※袋に入らないサイズのものは粗大ごみとなります。

廃家電・粗大ごみの回収を申し込んでいる場合、あわせて自宅回収で出すことも可能です。

不燃ごみ

(缶・ビン・陶器・ガラス・金属製品
・小型家電全般)

大型廃家電

(テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機
・乾燥機・エアコンの6点※)

コールセンターで回収の受付を行っております。

TEL 0120-103-726 (平日午前8時から午後5時まで)

有限会社 佐洋運輸(環境省受託業者)

または、下記の申込書に記載し、FAX 0120-503-726(24時間受付対応)でお申込みください。

FAXでお申込みの場合、必ずご連絡先を記入してください。

粗大ごみ・廃家電回収申込書 [PDFファイル/132KB]

粗大ごみ

(ごみ袋に入らないサイズのもの
全般。
布団、家具など)

※テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・乾燥機・エアコン以外の家電製品は「不燃ごみ」になります。

現在、棚塩地区の仮設焼却施設、室原地区の北部衛生センター、楢葉町の南部衛生センターには、個人でごみを直接持ち込む事はできません。お近くのごみステーション、またはごみ回収コールセンターをご利用ください。

その他廃棄物に関するQ&A お問合せ先は下記をご覧ください。
廃棄物に関するQ&A お問合せ先 [PDFファイル/438KB]


帰還困難区域での片づけごみ回収について

回収する範囲:浪江町内帰還困難区域

回収する頻度:週に1回程度(曜日の指定はありません。業者側で柔軟に対応します。)

回収する箇所:帰還困難区域内のごみステーション

※道が崩れている先のステーションなど、何らかの理由で使用できないステーションについては張り紙をしますので、
その場合には、別の最寄りのステーションをお使いください。

回収できるもの

燃えるごみと燃えないごみに分別し、透明なビニール袋に入れてください。

燃えるごみ

生ごみ、紙くず、古紙類(新聞、雑誌、段ボール等)、衣類、革製品、プラスチック製品、プラスチック
容器包装、ペットボトルなど。

燃えないごみ

調理器具、食器類、割れもの、スプレー缶(必ず中身のガスを抜いてください。)

カン類(アルミ缶、スチール缶、缶詰)

ビン類

※薬品が入っているものは回収できません。現地保管をお願いいたします。

※刃物や割れた物については、新聞紙などで包み、袋に入れ「刃物・割れ物」等の注意書きをお願い
します。

回収できないごみ

こちらの品目は現在、回収が行えないため、現地での保管をお願いします。

家電製品冷蔵庫、冷凍庫、テレビ、洗濯機、乾燥機、エアコン、パソコンなど
農林系ごみ雑草、剪定した枝木、稲わら、木の葉、ガーデニング用品など

発火や爆発など

危険性があるごみ

ガスボンベ、化学薬品、廃油、灯油、オイル類、バッテリーなど

※直接日光の当たらない場所に保管してください。

ごみの回収に関するお問合せ先は

環境省福島環境再生事務所 浜通り北支所

電話 0244-26-9912

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。