トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・福祉 > 予防接種 > 麻しん風しん(MR)ワクチンの自主回収について

麻しん風しん(MR)ワクチンの自主回収について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月20日更新

北里第一三共ワクチン株式会社が製造した麻しん風しん混合ワクチンについて、効果が承認を受けた規格を下回る可能性があるため、一部のワクチンが自主回収されました。
回収されたワクチンは、承認規格は下回っているものの、十分な有効性を有しており、安全性についても特段の懸念は生じていないとされています。しかし、回収対象となっているワクチンを、承認規格を満たしていたことが確認できない期間に接種している方で、ワクチンの有効性に不安を感じられる方は、抗体検査を実施することもできますので、予防接種を受けた医療機関または健康保険課健康係までお問い合わせください。

回収対象となっているワクチンの製造番号とその接種期間

製造番号承認規格を満たしていたことが確認できない接種期間
HF053A平成27年5月3日から平成27年9月2日まで
HF054A平成27年5月5日から平成27年9月4日まで
HF055A平成27年1月8日から平成27年10月7日まで


※接種された製造番号、接種日については、母子健康手帳の予防接種の記録のページでご確認ください。

関連リンク

北里第一三共ワクチン株式会社
・『はしか風しん混合生ワクチン「北里第一三共」』並びに『はしか生ワクチン「北里第一三共」』の自主回収について(外部リンク)