高齢者肺炎球菌ワクチン接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。
肺炎はわが国の死亡原因の第3位となっていますが、日常的に生じる成人の肺炎のうち4分の1から3分の1は肺炎球菌が原因と考えられています。

対象者

平成29年度に無料で接種できるのは以下の方です。

1. 年度内に以下の年齢になる方

対象者生年月日
65歳昭和27年4月2日から昭和28年4月1日
70歳昭和22年4月2日から昭和23年4月1日
75歳昭和17年4月2日から昭和18年4月1日
80歳昭和12年4月2日から昭和13年4月1日
85歳昭和7年4月2日から昭和8年4月1日
90歳昭和2年4月2日から昭和3年4月1日
95歳大正11年4月2日から大正12年4月1日
100歳大正6年4月2日から大正7年4月1日

2. 60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の機能に障がいまたはヒト免疫不全ウィルスにより免疫の機能に障がいのある方(身体障害者手帳1級に相当する程度の障がい)

※1,2とも、すでに高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方は、無料接種の対象外となります。
※過去5年以内にこのワクチンを接種したことのある人は、再接種により注射部位の痛み、赤み、しこりなどの副反応の頻度が高く、程度が強く出ることがありますので、気を付けてください。

接種期間

平成30年3月31日まで

実施方法

福島県内で接種される方

県内の予防接種実施医療機関で接種できます。
直接医療機関に予約し、窓口負担なしで接種できます。
浪江町の予診票を使用してください。

高齢者肺炎球菌ワクチン接種実施医療機関 [PDFファイル/314KB]

福島県外で接種される方

避難先の市区町村にお問い合わせください。
市区町村によっては、無料で接種できない場合もあります。一度実費をお支払いいただきますが、町で費用を負担しますので、予防接種費用助成申請(請求)書に、領収書(原本)、予診票(写し可)を添えてご請求ください。

予防接種費用助成申請(請求)書 [PDFファイル/87KB]

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。