トップページ > 組織でさがす > 健康保険課 > 国民健康保険の医療費一部負担金等の免除延長のお知らせ

国民健康保険の医療費一部負担金等の免除延長のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月16日更新

国民健康保険の医療費一部負担金の免除期間が、平成30年7月31日まで延長されます。

新しい免除証明書は2月下旬に発送いたします。3月1日以降に医療機関を受診する場合は保険証といっしょに必ず提示してください。

  •  国民健康保険の免除証明書・・・オレンジ色のカード型

対象者および免除期間

免除対象者免除期間
上位所得層(※1)を除く旧避難指示区域等(※2)の方平成30年3月1日から平成30年7月31日まで
旧避難指示区域等の方で上位所得層の方平成30年2月28日までで免除終了
帰還困難区域の方

平成30年3月1日から平成30年7月31日まで

※1 「上位所得層」とは、同じ世帯で国民健康保険加入者全員の平成28年中の基礎控除後の所得合計額が600万円 
        を超える世帯。
    「上位所得層」となった場合は、免除対象外となります。
    また、世帯内に未申告者がいる場合、所得の判定ができないため、免除証明書の交付ができません。
    

※2 「旧避難指示区域等」とは旧居住制限区域および旧避難指示解除準備区域

○ 免除期間内であっても、世帯内の国民健康保険の増加や減少、世帯主の変更、所得の変更などにより免除対象や
   免除対象外となる場合があります。

○新規転入者のうち、他市町村で国民健康保険の免除を受けていた方は、免除対象者となる場合もありますので詳しくは
   お問合せください。

【注意事項】

(1) 社会保険等にご加入の方は、勤務先か保険証に書かれている保険者にお問い合わせください。

    なお、社会保険等に加入している方で、今回免除証明書が届いた方は、国民健康保険脱退手続きをしてください。

    国民健康保険の保険証と免除証明書は使用できません。

    使用した場合、かかった医療費(10割)を返還していただくことになりますのでご注意ください。

(2) 入院時食事療養費の標準負担額や接骨院等を受診した際の療養費一部負担金相当額の免除は、
   平成24年2月29日で終了しています。