特定疾病療養受療証の申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月4日更新

浪江町の国保に加入している方が、血友病や人工透析などの高額治療を著しく長期間にわたって継続しなければならない方に交付します。病院の窓口で提示すると、1カ月の自己負担限度額は1万円までになります。ただし、70歳未満の人工透析を要する慢性腎不全で上位所得者および未申告者のいる世帯は、1カ月の負担は2万円までとなります。

申請に必要なもの

・国民健康保険証
・印鑑
・医師の意見書(申請書内「医師の意見欄」に記入でも可)
・申請書

特定疾病認定申請書 [PDFファイル/87KB]

該当する疾病(厚生労働大臣によって定められた特定疾病)

1.人工透析が必要な慢性腎不全
2.血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害または先天性血液凝固第9因子障害(いわゆる血友病)
3.抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群
 (HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者にに係るものに限る。)

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。