野生きのこの取扱いに注意

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月9日更新

 野生きのこのシーズンを迎えました。

 福島県におきましては、野生きのこの放射性物質のモニタリング検査を行っており、その結果、食品中の基準値を超える放射性セシウムが含まれる野生きのこが確認されたため、会津地方の4町村を除き、県内全ての市町村において採取される野生きのこの出荷が制限されています。

 また、他県においても出荷が制限されている市町村があります。
 出荷制限等の状況につきましては、福島県や林野庁のホームページなどでご確認ください。

野生きのこ等の出荷制限の状況

 ふくしま新発売 (福島県のホームページが開きます)

 林野庁のホームページ「きのこや山菜の各県の出荷制限等の状況について」

野生きのこの取扱いに関する注意点

○ 出荷が制限されている市町村において採取された野生きのこについては、仮に放射性セシウム基準値100Bq/kg以下であっても出荷できません。また、出荷が制限されていない市町村において採取された野生きのこについても、100Bq/kgを超えるものは、出荷や流通の自粛をお願いします。

○ 出荷が制限されている市町村において採取された野生きのこについては、自家消費についても控えていただきますようお願いします。

○ 採取した野生きのこを第三者に無償で提供(あげる行為)する場合も出荷に含まれます。

○ 出荷が制限されていない市町村において採取された野生きのこについても、食中毒防止のため、疑わしい、知らないきのこは採取しない、絶対に食べないでください。判断に迷う場合は、野生きのこ等に関する専門家、研究機関にお問い合せください。

野生きのこに関する問い合わせ先

○福島県相双農林事務所 富岡林業指導所
TEL 0244-26-4302
FAX 0244-26-4306

○浪江町役場 産業・賠償対策課農林水産係
TEL 0243-62-1107
FAX 0243-22-4262