浪江町の漁業

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月5日更新

※現在、休止中

経営体数及び漁獲量

船舶数104隻
平均トン数4.1t
から1t3隻
1から3t8隻
3から5t69隻
5から10t23隻
10から30t1隻
漁獲高2,104t85,000万円

※平成19年 福島県水産要覧

量的主要魚種

(単位:トン)
いかなご627しらす598
かれい199ほっき貝166
さけ126ひらめ75
かに23すずき19
たこ81あいなめ45
かたくちいわし11あなご6
まぐろ3かつお2
まだら6たい6

※平成19年 県海面漁業漁獲高統計

各漁業協同組合

※現在、休止中

  • 相馬双葉漁業協同組合請戸支所
  • 泉田川漁業協同組合
  • 室原川・高瀬川漁業協同組合

水産振興事業

相馬双葉漁業協同組合請戸支所における平成19年度の実績は、水揚げ数量が、2,104トンで前年比26%増、漁獲高は8億4,958万円で、前年比24%増となりました。
近年、若年層の魚離れが進む中、地元で水揚げされた魚介類の魚食普及と新たな販路拡大を目指し、8月・12月の2回「請戸夕市」を開催し、地域の活性化を図っています。
平成22年度泉田川漁協の鮭親魚の捕獲数は35,815尾で、ふ化放流事業として稚魚9,031千尾の放流を行いました。なお、平成15年度から実施している請戸川サケ有効利用調査は7年目を迎え、県内外859名の参加がありました。

≫「請戸川のサケ釣り」のページへ  

室原川・高瀬川漁協については、毎年アユ、ヤマメ及び他魚種を計画通り放流し、魚族の増殖保護を図ると共に、河川へのゴミ不法投棄防止の広報、清掃作業の実施など、河川の環境保護に努めています。