ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症について > 【事業者の皆さま】福島県による感染症拡大防止協力金・支援金が交付されます

【事業者の皆さま】福島県による感染症拡大防止協力金・支援金が交付されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月15日

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、県の要請や協力依頼に応じて、施設の休止や営業時間の短縮にご協力いただいた法人及び個人事業主の方に、以下の2つの協力金・支援金を交付します。

  1. 福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金
  2. 福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止支援金

【概要】福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金・支援金交付事業 [PDFファイル/134KB]

【参考】休業協力金・支援金フロー図 [PDFファイル/209KB]

 

交付対象者と交付額

協力金

  1. 県内に本所または支所のある法人及び個人事業主
  2. 福島県緊急措置に基づき、施設の休止や営業時間の短縮の対策を講じていること。

上記をすべて満たし、以下の条件により協力金をそれぞれ交付します。

a.県内の事業所すべてが自己所有  10万円

b.県内の事業所うち、賃借している事業所が1か所  20万円

c.県内の事業所のうち、賃借している事業所が2か所以上  30万円

交付対象施設一覧はこちら [PDFファイル/467KB]

支援金

福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の対象事業者。

協力金に加えて、一律10万円交付します。

 

交付要件

協力金

  1. 県の要請や協力依頼に応じて、緊急事態措置の期間のうち少なくとも令和2年4月28日(火曜)から5月6日(水曜)までの間、県内の施設の休止や営業時間の短縮に協力いただいていること。
  2. 令和2年4月20日(月曜)以前に開業しており、営業実態が確認できること。
  3. 福島県暴力団排除条例(平成23年福島県条例第51号)に規定する暴力団または暴力団員等が営業に関与していないこと。

支援金

  1. 福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の交付を受けていること。
  2. 県の休業要請等により、令和2年5月7日(木曜)から5月31日(日曜)まで(福島県緊急事態措置が早期に解除されれば解除の日まで)の間、県内の施設の休止や営業時間の短縮の対策を講じていること。
  3. 国が示した「新たな生活様式」に対応するための取り組みを行う(講じた)こと。

「新たな生活様式」の実践例

 

申請に必要な書類

  • 申請書

福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金・支援金申請書 [Wordファイル/43KB]

申請書記入例 [PDFファイル/1.6MB]

≪添付書類≫提出書類チェックリスト [PDFファイル/230KB]

  • 営業活動を証する書面(例:直近の確定申告書の写し等)
  • 休業したことがわかる書面(例:休業期間を周知するホームページや店頭ポスター等)
  • 事業活動がわかる書面(例:飲食店営業、風俗営業等の許可証や届出書の写し等)
  • 振込先の通帳の写し
  • 本人確認書類(個人事業主の場合のみ)
  • 事業所の賃貸借契約書の写し(事業所を賃貸している場合のみ) 

※必要に応じて追加資料をの提出をお願いする場合があります。


各要項や申請書様式について、浪江町役場でも以下の時間、場所で配布しています。

▶平日 8時30分~17時15分  役場3階 産業振興課窓口

▶土日 8時30分~17時15分  役場1階 北側玄関口入ってすぐ左(日直室)

なお、申請の手続き等については、下記コールセンターまでお問合せください。

 

問合せ先

024-521-8575(新型コロナウイルス感染症に関する「福島県休業協力金」専用相談窓口
平日 午前9時30分~午後5時30分(土日祝日も受付)

 

申請受付期間と方法

令和2年5月15日(金曜)から令和2年7月31日(金曜)まで

郵送または電子申請(現在準備中)にて受け付けています。

※県庁などへの持ち込みでの申請受け付けはしておりません。