ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > なみえに暮らそう

なみえに暮らそう!移住定住特設サイト


【再募集】地域おこし協力隊「なみえプロモーション課」プロジェクトメンバー募集

「なみえプロモーション課」プロジェクトメンバーたちとチーム制で浪江町の課題を解決し、”なみえらしさ”を「見つける・創る・広める」活動をしてみませんか。

 
項 目 内 容
採用予定数 6名
業務内容

浪江町の課題解決をとおして、”なみえらしさ”を「見つける・創る・広める」活動をします。

[具体的な課題]

SNS等を活用した情報発信、浪江町の自然を活かしたアクティビティを作る、浪江町の新銘菓の開発、商店街のにぎわい作り、浪江町の暮らしが見える環境作り

こんな人を

探しています

新しいこと・変化することが楽しい人、今まで誰も手掛けたことのないアイディアを実行したい人、大多数の一人ではなく自分自身が主役になれるフィールドを探している人、人生はアドベンチャーな人、再出発したい人、第二新卒の人、東日本大震災からの復興に携わりたい人、浪江町はこのままではいけない、なんとかしなければと思う人
募集期間

令和3年8月2日(月曜)から令和3年8月31日(火曜)まで

選考方法 書類選考と面接選考を実施します。
募集要項 浪江町地域おこし協力隊募集要項 [PDFファイル/279KB]
応募様式

エントリーシート [PDFファイル/81KB]

会計年度任用職員登録申込書 [PDFファイル/158KB]

その他

浪江町地域おこし協力隊Q&A集 [PDFファイル/160KB]

 

浪江町で生活を始める皆さまを歓迎します

町長からのメッセージ

 町長浪江町は、歴史ある美しい町です。海や山に囲まれ、豊かな自然とともに発展してきた町には、笑顔と人情味溢れる人々が暮らしています。

 東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故による全町避難で、一度は賑わいを失ったものの、現在では、商店や漁港、学校などが再開し、伝統の標葉郷野馬追や十日市祭などの復活によって「なみえらしさ」を取り戻しつつあります。

 福島イノベーション・コースト構想の中核を担うロボットテストフィールド浪江滑走路や、世界最大級の水素製造拠点などを有し、町は今、最先端技術による新たな産業と、豊かな風土を活かした農林水産業とが共に発展する、新しい町づくりを進めています。

 私たちは、住まい・仕事・教育など、皆さまを迎える準備を整えて、お待ちしています。

浪江町長 吉田 数博

Get Adobe Readerアドビリーダー

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページ<外部リンク>から最新版を無償で入手できます。