ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長の動き(令和2年2月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月2日

令和2年2月27日(木曜日)

公務の間をぬって、大平山にて製作中の「母子像」(※)の工事を視察に行きました。3月11日の除幕式に向けて準備を進めています。

※母子像  

二本松市長からのご紹介により、二本松市名誉市民で日本を代表する彫刻家「橋本堅太郎氏」が、浪江町民の方々の心を慰めたいとブロンズ製の「母子像」をご寄付くださいました。

母子像ことば

令和2年2月22日(土曜日)

町の水産加工団地に完成した有限会社柴栄水産の竣工式典にて祝辞を述べました。この施設の完成によって、昨秋の荷捌き施設とともに、水揚げから加工までの一連の流れを請戸で行うことができるようになります。

あいさつ

 

令和2年2月19日(水曜日)

成田市長を訪問し、昨年の水害についてお見舞いを申し上げるとともに、応援職員の方の派遣継続をお願いしました。(写真なし)

令和2年2月18日(火曜日)

間もなく開所を迎える福島水素エネルギー研究フィールドを経済産業省からのお客様にご案内しました。(写真なし)

令和2年2月12日(水曜日)~13日(木曜日)

全国報徳研究市町村協議会に加盟している掛川市、小田原市、真岡市、筑西市の市長に、今後の町づくりに関する協力を依頼してまいりました。(写真なし)

令和2年2月10日(日曜日)

臨時議会が行われました。

令和2年2月9日(日曜日)

環境大臣と双葉郡8市村長との意見交換会が行われ、特定復興再生拠点区域外の除染や水素の利活用について意見を述べました。(写真なし)

令和2年2月5日(水曜日)

JR水戸支社へ浪江駅のバリアフリー化等、常磐線の活性化に関する要望活動を行いました。(写真なし)

令和2年2月4日(火曜日)

地元の信用金庫が相双地域の今を伝える取り組みとして作成してくださった「福島県相双地域8市町村魅力ガイドブック」と、浪江町を含む8市町村長のインタビュー動画の完成発表会に招待されました。

動画は、復興状況や地元の魅力を伝える内容で、全国の信用金庫の店舗で放送される他、インターネットでも公開されています。

https://www.youtube.com/<外部リンク> ※「あぶくま信用金庫」で検索してください