ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長の動き(令和2年3月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月7日

令和2年3月31日(月曜日)

3月末で退職する4名の職員の辞令交付と、送別会が、新型コロナウィルス感染拡大防止のため規模を縮小して行われました。

退職者集合写真

 

令和2年3月23日(月曜日)(3)

3月末で任期満了となる国や他市町村からの応援職員への感謝状贈呈式が行われました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため規模を縮小し、出席者を最小限にしての開催となりましたが、卒業される応援職員から「浪江町には、私たち応援職員を虜(とりこ)にしてしまう魅力があります。」と、嬉しいことばをいただきました。

これまで本当にありがとうございました。そしてこれからも、どうぞよろしくお願いします。

感謝状集合

令和2年3月23日(月曜日)(2)

二本松市の浪江小学校にて最後の卒業式が行われ、祝辞を述べました。卒業式終了後、休校式が執り行われ校旗が町に返還されました。

卒業式祝辞

令和2年3月23日(月曜日)(1)

なみえ創成小学校にて卒業式が執り行われ、祝辞を述べました。

卒業式

令和2年3月19日(木曜日)

浪江にじいろこども園の卒園式にてお祝いを述べました。以前、町長室にも遊びに来てくれた元気な二人が、今日、卒園を迎えました。

おめでとう卒園者

令和2年3月14日(土曜日)(2)

赤羽国土交通大臣が浪江町を訪れ、道の駅の工事進捗などを視察しました。その後、中心市街地の再開発など、町の課題について議論しました。

国土交通大臣

 

令和2年3月14日(土曜日)(1)

JR常磐線がようやく全面開通し、双葉駅でセレモニーが行われ、赤羽国土交通大臣、JR東日本社長、内堀知事などと、初めての特急を迎えました。

イベント

令和2年3月13日(金曜日)

浪江町立なみえ創成中学校で、初めての卒業証書授与式が行われました。卒業生に、創成の名の通り未来へ羽ばたいてほしいと伝えました。

卒業式祝辞

令和2年3月11日(水曜日)(2)

東日本大震災から9年の歳月が流れました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、慰霊祭、追悼式は大幅に規模を縮小し、執り行われました。

慰霊祭献花

令和2年3月11日(水曜日)(1)

大平山霊園にて、母子像の除幕式を行いました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、規模を縮小したものの、作者橋本堅太郎先生のご長男と奥様、二本松市長、吉田栄光県会議員他をお招きして除幕を行いました。

母子像の詳細は、こちら ⇒ /soshiki/1/24008.html

除幕集合写真

 

令和2年3月7日(土曜日)(2)

安倍首相、田中復興大臣、森法務大臣、内堀知事他が、大平山霊園にある慰霊碑に献花に訪れ、震災での被害や復興状況について説明しました。

献花説明

令和2年3月7日(土曜日)(1)

福島水素エネルギーテストフィールドの開所式が行われ、安倍首相、田中復興大臣、内堀知事他とテープカットを行いました。ここで製造した水素は、オリンピック聖火リレーや聖火台に利用される他、建設中の道の駅の燃料に利用される予定です。

テープカットあいさつ

 

令和2年3月5日(木曜日)

浪江町議会が開会し、行政報告において「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。復興計画【2次】に基づいて、現在進めている再生可能エネルギーを活用した先進的な復興事業を、前向きな町の情報として、国内外に発信していきます。

小泉環境大臣より、浪江町にメッセージをいただきました。

小泉環境大臣からのメッセージ [PDFファイル/337KB]

ゼロカーボンシティについてはこちらをご覧ください。⇒ /soshiki/1/24048.html

Get Adobe Readerアドビリーダー

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページ<外部リンク>から最新版を無償で入手できます。