ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長の動き(令和3年1月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月3日

令和3年1月29日(金曜日)

日産自動車(株)他の企業の方々にご協力いただき、町内の公共交通整備に向けた実証実験に先立ち、自動運転の自動車に試乗させていただきました。2月2日に改めて報道機関にお披露目を行う予定です。

乗車

令和3年1月27日(水曜日)その3

大平山の宇宙桜のご縁で、この度なみえの玉ねぎ「浜の輝き」とコスモスの種が宇宙に行くことになりました。

玉ねぎ

令和3年1月27日(水曜日)その2

ふれあいセンター跡地に建設される地域公共施設の安全祈願祭が執り行われ、鍬入れや玉串奉納等を行いました。図書館等の地域の交流拠点となる施設、介護関連施設、アスレチック施設等を一体的に整備するものです。

安全祈願祭

令和3年1月27日(水曜日)その1

横山復興副大臣とWebにて会議を行い、今後の町の復興に向けて意見交換をさせていただきました。(写真なし)

令和3年1月26日(火曜日)

浪江町復興計画【第三次】策定委員会より、答申をいただきました。この度の答申内容を踏まえ、令和3年度からの10年間の計画をしっかりと策定してまいります。

答申答申2

令和3年1月25日(月曜日)その3

相馬港湾事務所長が漁港の工事完了のご挨拶にお見えになりました。また、今後の竣工式についてのご案内をいただきました。(写真なし)

令和3年1月25日(月曜日)その2

住友商事株式会社と浪江町は水素の利活用および町づくりに関する連携協定を締結しました。

協定WEBWEBひじタッチ

令和3年1月25日(月曜日)その1

間もなく移転を予定している二本松事務所に関して、二本松市長や株式会社丸や運送社長を訪問し、これまでの御礼と移転のご挨拶を申し上げました。(写真なし)

令和3年1月22日(金曜日)

福島相双復興推進機構(官民合同チーム)の福井理事長他がお越しになり、これまでの活動についてのご報告をいただきました。私からは、これまでのご支援・ご協力に感謝を申し上げるとともに、現在進めている中心市街地再生に向けた事業へ、引き続きのご支援・ご協力をお願いしました。(写真なし)

令和3年1月21日(木曜日)

JR水戸支社小川支社長が常磐線沿線の自治体にご挨拶にお見えになりました。(写真なし)

令和3年1月20日(水曜日)

「道の駅なみえ」に関してご協力をいただいた磐城国道事務所長が新年のご挨拶にお見えになりましたので、3月に予定されている道の駅グランドオープンの際には式典にご出席いただけるようお願いしました。(写真なし)

令和3年1月19日(火曜日)

大雪の被害がでている秋田県仙北市より防災無線の個別受信機30台の支援要請があり、すぐに送るよう指示しました。市長より直接御礼のお電話を頂戴しました。困った時はお互い様です。(写真なし)

令和3年1月18日(月曜日)

福島復興再生総局の末宗事務局長が浪江町を訪れ、帰還困難区域などを視察されました。今回は浪江町を1日かけて視察され、いろいろな意見交換ができました。

(写真なし)

令和3年1月15日(金曜日)

令和3年第一回浪江町議会臨時会が行われました。(写真なし)

令和3年1月12日(火曜日)

川添北の筒井マキ氏の賀寿伝達式を行いました。

賀寿伝達式

令和3年1月9日(土曜日)

令和3年度浪江町成人式を執り行いました。新型コロナウイルスの感染者が増加していますが、震災以来10年ぶりに友人と再開する方々もいらっしゃるので、貴重な機会を無くすことは忍びないと検討を重ね、幸い出席者数に対して会場は十分な広さを確保することができたため、検温や健康チェック等々できうる限りの対策を講じて開催することといたしました。

私からお祝いの言葉として、小さな努力を積み重ねて大きな夢を叶えてほしいと、二宮尊徳翁の「積小為大」という言葉を贈りました。

成人式の様子はこちらから

令和3年1月8日(金曜日)

浪江青年会議所の新しい幹部の皆さんが、今年度の事業についてご説明に来られました。これからも町の復興に向けて協力していくことを確認しました。

JC

令和3年1月4日(月曜日)

令和3年の仕事始めの式を執り行い、職員に訓示をおこないました。多くの課題があるものの、一丸となって課題に取り組んでいくことをお願いしました。

訓示

令和3年1月1日(金曜日)

新春恒例の「あるけあるけ初日詣」に参加し、道の駅から請戸海岸まで歩きました。令和3年の元旦は水平線に雲がかかっていましたが、神秘的で美しい日の出でした。町民の皆さんとともに、初日の出に町の復興を祈りました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

初日の出