ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長の動き(令和3年2月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月12日

令和3年2月26日(金曜日)

「原発事故による帰還困難区域を抱える町村の協議会」の会長として、平沢復興大臣宛に要望書を提出しました。

(写真なし)

令和3年2月25日(木曜日)

群馬県の農業法人(有限会社青高ファーム様、株式会社群馬電機工業様)が、浪江町でネギの大規模栽培に取り組むことになり、ご挨拶にみえました。浪江町の新たな産品となる日も近いことでしょう。

ネギ

令和3年2月24日(水曜日)

日本記者クラブにて、オンラインで記者会見を行いました。

オンライン会見

令和3年2月21日(日曜日)

復興協議会が開催され、復興副大臣らとオンラインで接続しながら、これまでの復興状況や今後の取り組みについて協議しました。

復興協議会

令和3年2月19日(金曜日)

福島学院大学の学長が来訪され、学生の発想を生かした町の特産品の開発などで協力していくことを確認しました。(写真なし)

令和3年2月18日(木曜日)

内堀知事が「なみえスマートモビリティチャレンジ」を視察されました。概要をご説明した後、町内を走る”無人運転車両”に乗車していただきました。知事は、こうした最新技術を使った町づくりへの取り組みを非常に興味深くご覧になっていました。

(写真掲載は後日)

 

令和3年2月17日(水曜日)

横山建設株式会社様より、なみえ創成小学校に、浪江町出身の日本画家 舛田隆一さんの絵画を寄贈いただきました。

絵画の寄贈

令和3年2月16日(火曜日)

東日本大震災・福島第一原子力発電所事故から10年ということで、各報道機関より多くの取材依頼をいただいているため、共同記者会見を開催し、新聞9紙、テレビ1社にご出席いただきました。

記者会見記者会見2

令和3年2月12日(金曜日)

株式会社ドコモCS東北福島支社の熊谷支店長より、浪江にじいろこども園に遊具等(約200万円相当)のご寄付をいただきました。

これはNTTドコモグループの社員の皆さんによる東北を応援するための募金だということでした。

遊具の寄附

令和3年2月5日(金曜日)

株式会社成田デンタル様より、町に義援金500万円をいただきました。

社長の石川様は、ご自身も阪神淡路大震災で被災されたそうです。東日本大震災の後、被災地支援を福島の復興は、まだまだこれからということで、今回多額の義援金を頂戴しました。直接持参したかったとのことでしたが、今回はコロナ禍ということで、Webにて贈呈式をさせていただきました。

成田デンタル様

令和3年2月2日(火曜日)

日産自動車(株)他の企業の方々と町内の公共交通整備に向けた協定を締結しました。高齢者の方にも使いやすい地域交通網の実現を目指して、実証実験を進めていきますので、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

署名リモート