ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長の動き(令和4年4月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月11日

令和4年4月28日(木曜日)

福島国際研究教育機構の誘致に関し、浪江町商工会ほかの民間団体から要望書をいただきました。町の将来に不可欠な施設ですので、「ALLなみえ」で誘致を成功させたいと思います。

要望書記念写真

令和4年4月27日(水曜日)

津島の復興再生拠点に整備を予定している公営住宅の建設に関する協定を積水ハウス(株)、双葉不動産建設(株)と締結しました。積水ハウスの担当の方々は、うけどんの刺繍の入ったマスクで出席してくれました。

津島住宅協定

令和4年4月26日(火曜日)

にじいろこども園の子供たちと一緒に、端午の節句に向けてこいのぼりをあげました。強い南風に乗って、よく泳いでいました。

記念写真こいのぼり

令和4年4月23日(土曜日)

久しぶりの花火大会でした。ももいろクローバーZの皆さんが、Jヴィレッジでのライブの後、浪江町の花火大会に駆けつけてくれました。ももクロの皆さんは、もちろんですが、ファンの方々も一緒になって浪江町のことを応援してくださるので、本当にありがたいです。

ももくろ花火

令和4年4月22日(金曜日)

秋田出張の帰りに宮城県女川市に立ち寄り、東日本大震災の後、JR女川駅を中心とした復興計画の中で駅舎とともに町の顔として整備された商店街(シーパルピア女川)を視察しました。

視察

令和4年4月21日(木曜日)

イオン東北(株)(本社:秋田県)の辻社長を表敬訪問し、浪江町の復興に向けた協力をお願いしました。今回も辻社長は、ご快諾くださいました。いつも本当にお世話になっております。

昨年は、NAMIE WATERを福島県内の各店舗で一斉販売していただきました。今年は、さらに拡大してご協力くださるとのことです。どうもありがとうござます。(写真なし)

令和4年4月19日(火曜日)

自民党復興加速化本部の方々が浪江町を訪問されました。要望書を手交したあと、町の課題について意見交換を行いました。

要望書

令和4年4月18日(月曜日)

参議院復興特別委員会の方々が浪江町を視察に訪れ、FH2R(福島水素エネルギー研究フィールド)の視察に同行しました。

水素

 

令和4年4月18日(月曜日)

福島国際研究教育機構の誘致を成功させるため、組織横断のプロジェクトチームを発足し、7名の職員に辞令を交付しました。

辞令

令和4年4月13日(水曜日)

ポーランド大使が浪江町を訪問され、水素社会実現に向けた意見交換を行いました。

ポーランド大使

令和4年4月10日(日曜日)

第3回なみえ水素祭りが行われ、シンポジウムの冒頭でご挨拶させていただきました。また、新たに水素を低コストで供給するための実証事業が開始され、セレモニーが行われました。

水素まつり実証事業

令和4年4月8日(金曜日)

有害鳥獣捕獲隊に委嘱状を交付しました。今年度もどうぞよろしくお願いします。

捕獲隊

令和4年4月7日(木曜日)

なみえにじいろこども園の入園、進級式に出席し、お祝いを述べました。新たに9名の子供たちが入園し、全体で32名となりました。子供たちの元気な声を聞き、こちらも元気をもらいました。

こども園

令和4年4月6日(水曜日)

なみえ創成小中学校の入学式に出席し、祝辞を述べました。今年度は、新たに7人の児童生徒が入学(小学校4人、中学校3人)し、全校では39人(小学校27人、中学校12人)となりました。

入学式

令和4年4月5日(火曜日)

今年度新たに着任された職員(新規採用職員、派遣職員、任期付職員)に、町の復興状況に関する講和を行いました。(写真なし)

令和4年4月3日(日曜日)その2

消防団の幹部の方へ辞令交付を行いました。(写真なし)

令和4年4月3日(日曜日)その1

幾世橋地区、大堀地区、浪江地区、苅野地区に防災コミュニティセンターが完成し、合同の竣工式を執り行いました。

本施設は、各地区にあった学校に代わり、災害時避難場所としての役割を担います。また平常時は、地域の交流場所として活用していただきたいと思っています。

テープカット防災コミュニティセンター

令和4年4月1日(金曜日)

新年度を迎え、新規に採用された職員をはじめ、職員へ辞令を交付しました。

辞令