ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長の動き(令和4年5月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月30日

令和4年5月31日(火曜日)

特定復興再生拠点等での買い物環境を支援するため、水素自動車を利用した移動販売の連携協定をイオン東北(株)様、トヨタ自動車(株)様、双葉町と締結しました。

協定式

令和4年5月27日(金曜日)その2

ライブハウス「エモーション」様より、町にご寄付をいただきました。ありがとうございました。

寄附

令和4年5月27日(金曜日)その1

「浜通り地域デザインセンターなみえ」の開所式に出席しました。

この施設は、地域の方々の交流とまちづくりの活動拠点として、イベントスペースとして、産官学連携によって(東京大学、日産自動車(株))設立されました。

テープカット開所

令和4年5月25日(水曜日)

双葉地方町村会として、東京電力、文部科学省、経済産業省に中間指針の見直しを含めた要望活動を行いました。

要望町村会

令和4年5月24日(火曜日)

福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)の近くに、移動式の水素ステーション「ナミエナジー」が完成し、開所式に出席いたしました。「ナミエナジー」の完成によって、町内で水素自動車の水素充てんができるようになり、「水素」が、より身近な存在になりました。

(写真は後日)

令和4年5月16日(月曜日)

令和4年度浪江町行政区長会の定期総会に出席しました。総会に先立ち、行政区長の方々に委嘱状を交付いたしました。多くの住民が避難を続けている状況の中、行政区長をお引き受けくださった方々に敬意と感謝を表します。2年間どうぞよろしくお願いいたします。(写真なし)

令和4年5月13日(金曜日)

東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域を抱える町村の協議会の代表として、関連する省庁等へ要望書を提出しました。

復興大臣現地対策本部

令和4年5月12日(木曜日)

令和4年浪江町議会臨時会(5月)が行われました。(写真なし)

令和4年5月11日(水曜日)

田村市のグリーンパーク都路にて、阿武隈風力発電所の起工式に出席いたしました。

(写真なし)

令和4年5月10日(火曜日)

浪江アートプロジェクト「なみえの記憶・なみえの未来」のお披露目式に出席し、ご挨拶させていただきました。作品は、なみえの記憶として「十日市」、未来として「水素」がテーマになっているそうです。

あいさつ記念

令和4年5月2日(月曜日)

5月朝礼にて、福島国際研究教育機構の誘致に向けて一丸となって取り組むよう訓辞を行いました。

訓辞