トップページ > 組織でさがす > 教育委員会事務局 > 平成31年度「浪江にじいろこども園」入園受付について

平成31年度「浪江にじいろこども園」入園受付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月7日更新

平成31年4月1日以降に、浪江にじいろこども園への入園を希望する児童の受付を行います。

受付期間

平成31年1月7日(月曜日)から平成31年1月31日(木曜日)

募集対象児童

4月1日時点で満3歳以上の児童 1号認定(教育標準時間)
4月1日時点で満3歳以上の児童 2号認定(保育短時間・保育標準時間)

※今回、満3歳未満の児童(3号認定)の募集はありません。

認定こども園とは

教育と保育を一体的に行う施設で、幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持った施設です。

教育部分については、満3歳以上のお子さんであればどなたでも利用できますが、保育部分については、保護者の就労などの理由によりご家庭で保育ができない場合に利用できます。

支給認定について

認定こども園を利用するためには、「支給認定」を受ける必要があります。
この「支給認定」は、お子さんの年齢や保育の必要性の有無によって三つの区分に分かれます。
支給認定を受けるための手続きは、入園申し込みと同時に行います。

年齢区分認定区分認定時間対象者
満3歳以上1号認定 教育標準時間教育を希望する方
2号認定 

保育短時間
保育標準時間

「保育を必要とする事由」に該当し、保育を希望する方
満3歳未満3号認定

※保護者の就労時間が月120時間以上の場合は「保育標準時間」、月48時間以上120時間未満の場合は「保育短時間」認定となります。保育短時間の場合の利用は「1日8時間まで」となります。

保育を必要とする事由とは

・保護者が就労している場合
・母親の妊娠・出産(利用期間の条件あり)
・保護者が疾病・障がいのある場合
・家族等の介護・看護をしている場合  など

保育時間

1号認定(教育標準時間) 月曜日から金曜日 8時30分から13時30分
2号認定(保育標準時間) 月曜日から金曜日 8時00分から18時00分 
2号認定(保育短時間)  月曜日から金曜日 8時30分から16時30分 ※1日8時間まで

申込方法

次の(1)から(5)のうち、該当する書類をそろえて受付期間中に「教育委員会事務局 子育て支援係」へご提出ください。
書類は、にじいろこども園および教育委員会事務局に備えております。
また、下表よりダウンロードすることもできます。

(1)認定こども園入園申込書 [PDFファイル/81KB](お子さま一人につき1枚)
(2)施設型給付費及び地域型保育給付費等に関する支給認定申請書 [PDFファイル/154KB](お子さま一人につき1枚) ※両面印刷してください。
(3)家庭状況調査票 [PDFファイル/107KB](お子さま一人につき1枚) ※両面印刷してください。
(4)課税証明書(1月1日時点で浪江町に住民登録がない方) ※父母1部ずつ。子どもが複数人いても1部で可。
(5)2号認定を希望される方は、下表の理由に応じて必要書類を提出してください。

保育が必要な事由(保護者)必要な書類

就労している(する)場合

◆会社勤め(外勤)の方
就労証明書 [Excelファイル/39KB](勤務先で証明を受けてください。)
※2号認定の方のみ。父母1部ずつ。子どもが複数人いても1部で可。

◆自営業・個人事業主・農業・内職・配偶者の経営する会社に勤めている方
自営業・農業申立書 [PDFファイル/78KB]
出産の場合母子手帳のコピー(表紙と出産予定日が確認できるページ)
疾病の場合医師の診断書
障がいがある場合障害者手帳のコピー または障がいの程度が確認できるもの
病人の介護・看護の場合介護または看護を受ける方の診断書、身体障害者手帳、療育手帳、
精神障害者保健福祉手帳等のコピー
求職の場合求職状況申立書 [PDFファイル/72KB]
就学の場合(1)学生証(在校証明書)のコピー
(2)カリキュラム表など日中保育できない時間・日数が確認できるもの
育児休業の場合

就労証明書 [Excelファイル/39KB](勤務先で証明を受けてください。)

※お子さまの疾病・発達状況について詳細と医師の診断書を求める場合があります。

注意点

1号認定(教育標準時間)希望の方については、応募人数によって抽選となる場合があります。
2号認定(保育短時間・保育標準時間)希望の方については、保育の必要性の高い方からの選考とさせていただきます。

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。

【Excelファイル】
Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel が必要です。
お持ちでないかたは、マイクロソフト株式会社のホームページから Excelのファイルを表示、印刷することができるExcel Viewer を無償で入手できます。
Excel Viewer のダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。