ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 教育委員会事務局 > 浪江町立学校校舎等の今後の在り方に関するパブリックコメントの募集

浪江町立学校校舎等の今後の在り方に関するパブリックコメントの募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日

本年度、浪江町では町内に所在する浪江町立学校の校舎等の今後の在り方についての検討を進めており、各地区の住民の方々17名にご参加いただき、「浪江町立学校校舎等検討委員会」を開催しております。
この検討委員会では、町の財政状況や整備、解体に関する財源などを考慮し、浪江町立学校校舎等の在り方や、学校歴史の残し方を検討しています。
このたび、広く住民の皆さまから浪江町立学校の今後の在り方に関する意見を頂戴し、検討委員会での参考としたいと考え、以下のとおりパブリックコメントを募集することとしました。

パブリックコメントの実施期間

令和元年11月1日 から 令和元年11月15日 まで

パブリックコメントの提出方法

次の内容を添えて提出してください。
・浪江町の避難前の居住地区
・現在のお住まいの地区または自治体
・浪江町立学校校舎等の今後の在り方に関する意見
※以下の「浪江町立学校の現状」や「浪江町立学校の学校としての方針」、「浪江町立学校校舎等検討委員会の検討状況」を参考としてください。

次の方法で提出してください。
・電子メールでの提出:gakkoukyouiku@town.namie.lg.jpへ電子メールをお送りください。
・その他での提出:浪江町教育委員会事務局学校教育係 電話0240-34-5710(直通)へご連絡ください。

浪江町立学校の現状

平成30年4月には町内で、なみえ創成小学校、なみえ創成中学校の2校が新しく開校しました。
また、東日本大震災後に避難先の二本松市で、浪江小学校、津島小学校が再開を継続しております。
なお、その他の小学校4校、中学校3校は、休校となっております。

児童生徒の人数(令和元年10月時点)
 【浪江町内で運営中の学校】
  ・なみえ創成小学校 15名
  ・なみえ創成中学校 2名
 【二本松市で再開中の学校】
  ・浪江小学校 1名
  ・津島小学校 1名

浪江町立学校の学校としての方針

浪江町立学校の運営方針

浪江町立学校については、町内のなみえ創成小学校、なみえ創成中学校の2校を継続して運営します。

二本松市で再開中の学校は、現在の在校生が0名となった段階で休校措置に移行します。(最長で令和2年度)
なお、町内で運営を継続する2校以外の町立学校(浪江小学校、幾世橋小学校、請戸小学校、大堀小学校、苅野小学校、津島小学校、浪江中学校、浪江東中学校、津島中学校)のすべてが休校となった段階で閉校となります。

浪江町立学校の学校としての校舎方針

学校の運営方針や帰還人口や町内の認定こども園の園児数の推移から、しばらくは少人数での学校運営になる見通しと予測されることから、浪江町教育委員会では、町内で運営を継続する2校以外の町立学校(浪江小学校、幾世橋小学校、大堀小学校、苅野小学校、津島小学校、浪江中学校、津島中学校)の校舎等について、学校として活用する予定がないと判断しました。

浪江町立学校校舎等検討委員会の検討状況

第1回検討委員会
 令和元年8月19日開催
 ・検討委員会のスケジュールについて
 ・学校校舎の今後の方向性について(各地区グループワーク)

第2回検討委員会
 令和元年9月24日開催
 ・学校歴史残しの整理について(現地確認)
 ・校舎等・敷地の整理について

第3回検討委員会
 令和元年10月17日開催
 ・学校等の歴史資料の保存等について