ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 各種手続き > 上水道・下水道 > 上水道・下水道 > 隔月上下水道料金算定方法

本文

隔月上下水道料金算定方法

2カ月請求に伴う料金計算方法について

浪江町では、水道事業の経費削減及び経営改善の一環として、水道メーターの検針をこれまでの毎月から隔月(2ヵ月に一度)に変更いたします。毎月請求と隔月請求で料金算定方法が異なりますため、以下をご確認ください。

【隔月上下水道料金算定方法】
基本料金 2カ月分の基本料金(使用口径により金額が変わります)を合計します。
従量料金 使用水量を、2つに分割し従量計算をそれぞれ行い合計します。

※使用水量10㎥などの割り切れる場合は5㎥と5㎥、使用水量が11㎥などの割り切れない場合は6㎥と5㎥で分割します。

例 使用口径φ13、2カ月分使用水量11㎥の場合

上水道 検針期間前月 検針期間後月 2カ月分明細
使用水量 6㎥ 5㎥ 11㎥
基本料金 1,000円 1,000円 2,000円
従量料金 480円 400円 880円
請求金額計 1,480円 1,400円 2,880円(税抜)
下水道 検針期間前月 検針期間後月 2カ月分明細
使用水量 6㎥ 5㎥ 11㎥
基本料金 1,300円 1,300円 2,600円
従量料金 360円 300円 660円
請求金額計 1,660円 1,600円 3,260円(税抜)

 

【閉栓に伴う料金計算】

閉栓後に発生する料金は以下の基準に則り算定します。

前回検針日から31日以内に閉栓の場合 1カ月分の基本料金と、使用水量に対しての従量料金の合計額
前回検針日から31日を過ぎて閉栓の場合 上記【隔月上下水道料金算定方法】に則り算定

また、閉栓日の翌月に料金請求いたします。 (偶数月請求、奇数月請求問わず)

 

 


防災・安全
便利ツール