ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 引越・くらし > よくある質問 > 上水道・下水道 > 水道水の放射性物質の影響はありますか?どんな測定をしているの?

水道水の放射性物質の影響はありますか?どんな測定をしているの?

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月4日

回答

現時点での放射性物質の影響はありません。

浪江町では以下の検査を行っています。

  1. 平成29年4月より、各取水場の浄水を採水し、24時間放射線モニタリング測定を実施しており、浪江町広報及び浪江町役場HPでお知らせしております。
  2. 月に1回、福島県と協力して末端の水道水を採水し、放射線モニタリング測定を実施しており、浪江町広報でお知らせしております。
  • 水道水では管理目標として、放射性セシウム(セシウム134及び137の合計)が10Bq/kgと決められています。
  • 水道水については、放射性セシウムが10Bq/kg未満であれば、他の放射性物質の影響も含めて健康に与えるレベルではないということで目標値が設定されていますので、放射性セシウムを検査することで他の放射性物質についても安全を確認していることになります。