ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 引越・くらし > 税金 > 町・県民税 > 【台風19号の被害にあわれた方へ】個人住民税の減免について

【台風19号の被害にあわれた方へ】個人住民税の減免について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月11日

令和元年台風19号の被害に対する個人住民税の減免について

令和元年10月に発生した台風19号により、被害のあった方に対し、災害発生後に納期限が到来する個人住民税について減免の適用を受けることができます。

個人住民税の減免

納税義務者の心身等に被害があった場合

納税義務者(同一生計配偶者、扶養親族を含む。)の所有する住宅又は家財に被害があった場合

災害により農作物に被害を受けた場合

 

個人住民税

減免の内容及び対象

以下の各項目の減免割合により減免します。
東日本大震災の減免の適用を受けている方については、適用後の課税額に本減免を適用させます。

納税義務者の心身等に被害があった場合

(1)対象者

災害により以下の事由に該当する納税義務者

(2)減免割合

 
事由 減免割合

死亡したとき

全部

生活保護法の規定による生活扶助を受けることとなったとき(個人の住民税に限る。) 

全部

障がい者となったとき

10分の9

 

納税義務者(同一生計配偶者、扶養親族を含む。)の所有する住宅又は家財に被害があった場合

(1)対象者

災害により所有する住宅又は家財(同一生計配偶者、扶養親族が所有するものを含む。)に10分の3以上の損害を受け、平成30年中の合計所得金額が1,000万円以下の納税義務者

(2)減免割合

 
住宅の損害程度 平成30年中の合計所得金額 減免の割合
損害の程度が10分の3以上10分の5未満のとき 500万円以下であるとき 2分の1
750万円以下であるとき 4分の1
750万円を超えるとき 8分の1
損害の程度が10分の5以上のとき 500万円以下であるとき 全部
750万円以下であるとき 2分の1
750万円を超えるとき 4分の1

 

 

災害により農作物に被害を受けた場合

(1)対象者

農作物の減収による損失額(※)が平年における農作物の合計収入金額の10分の3以上で平成30年中の合計所得金額が1,000万円以下であり、当該合計所得金額のうち農業所得以外の所得が400万円以下の方
(※)農業共済金などにより補てんされる金額を除く。

(2)減免割合

 
平成30年中の合計所得金額 減免の割合

300万円以下

全部

400万円以下

10分の8

550万円以下

10分の6

750万円以下

10分の4

750万円を超えるとき

10分の2

上記の減免割合を農業所得に係る個人住民税の所得割の額から減免いたします。

 

減免申請方法

減免の適用を受けようとする方は、下記の減免申請書に減免を受けようとする事由が真実と証明する書類を添付して提出してください。
また、住宅又は家財に損害のあった場合や農作物に被害があった場合の減免の申請をする際には、併せて明細書の提出もお願いいたします。

提出先
〒979-1592
福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字六反田7番地2
浪江町役場 住民課 課税係
TEL:0240-34-0224(直通)

申請様式

町税の減免申請書 [PDFファイル/84KB]

町税の減免申請書(記入例) [PDFファイル/115KB]

被害を受けた資産の明細書 [PDFファイル/121KB]

被害を受けた資産の明細書(記入例) [PDFファイル/149KB]

農業収入損失見込額 [PDFファイル/43KB]

農業収入損失見込額(記入例) [PDFファイル/53KB]

町税の減免申請書等の様式はダウンロードのほか、浪江町役場本庁舎の住民課窓口にて配布しております。また、郵送で送付することも可能ですので、ご希望の方はお問い合わせください。

 

減免申請書提出期限

令和2年3月31日(火曜日)まで

 

Get Adobe Readerアドビリーダー

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページ<外部リンク>から最新版を無償で入手できます。