ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 引越・くらし > 住まい(町内) > 《住まいを建て替える・補修する》各種支援 > 福島県避難市町村家賃等支援事業助成金の対象者が拡大されました(6/29公表)

福島県避難市町村家賃等支援事業助成金の対象者が拡大されました(6/29公表)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月5日

福島県避難市町村家賃等支援事業助成金の新たな対象者について

 福島県が今年度から実施している福島県避難市町村家賃等支援事業助成金について、平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に応急仮設住宅等を退去して賃貸住宅等に移転した世帯についても、新たに支援対象となりました

詳しくは、福島県のホームページをご覧ください。  ◆福島県ホームページ<外部リンク>

申請手続きについて

○福島県避難市町村家賃等支援事業助成金の「新たな対象者」の申請手続きについて [PDFファイル/288KB]

対象拡大前の本事業の概要(平成30年4月16日公表)

 応急仮設住宅の供与が平成31年3月末まで一律延長された区域から避難し、東京電力ホールディングス株式会社からの家賃賠償が平成30年3月末で終了した世帯のうち、家賃等の支援を必要とする世帯に対して、応急仮設住宅の供与を受けている世帯と同等の生活再建支援を行うものです。

○福島県避難市町村家賃等支援事業助成金の申請手続きについて(4/16公表) [PDFファイル/276KB]

助成対象世帯

原則として、以下の要件をすべて満たす世帯

(1)平成23年3月11日時点で、浪江町にお住まいであった世帯

(2)平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に応急仮設住宅を退去して賃貸住宅等へ移転した世帯

(3)当該助成金を申請する期間において、賃貸住宅等へ居住している世帯

(4)福島県が東京電力ホールディングス株式会社と個人情報を共有することに同意する世帯

(5)申請者世帯への生活再建支援を推進するとともに、応急仮住宅等の退去を確認するために、
  福島県が関係行政機関や避難者支援事業の業務委託先と個人情報を共有することに同意する世帯

(6)やむを得ない事情により平成30年4月以降も賃貸住宅等へ居住することを余儀なくされ、
  福島県による平成30年4月以降の家賃等の支援を必要とし、その支援を希望する世帯

助成金の額

(1) 家賃(共益費および管理費を含む)

   平成30年4月分から平成31年3月分まで

   ※ 助成対象は、移転前の応急仮設住宅等1戸につき、移転先の賃貸住宅等1戸まで
   ※ 助成金の上限額:移転先の賃貸住宅等1戸につき、入居人数4人までは月6万円、入居者数5人以上は月9万円

(2) 更新手数料

   平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に更新時期を迎える、
   当該賃貸住宅等の賃貸借契約書に記載された金額

助成金の申請受付期間

平成30年8月6日から平成31年3月31日まで

※ 助成金の申請は、平成30年4月分から3か月分ごとに申請してください。
(例) 申請 第1回:4~6月分、第2回:7~9月分、第3回:10~12月分、第4回:平成31年1~3月分

※ 更新手数料に係る助成金は、対象となる費用を負担した後、助成金の給付申請時に家賃と併せて申請してください。

申請受付窓口・申請手続き相談

福島県家賃等支援事務センター

フリーダイヤル0120-900-775

受付時間 午前9時~午後5時 (土日祝日、12/29~1/3までの年末年始を除く)

Get Adobe Readerアドビリーダー

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページ<外部リンク>から最新版を無償で入手できます。