トップページ > 組織でさがす > 健康保険課 > ジェネリック医薬品差額通知書を送付します。

ジェネリック医薬品差額通知書を送付します。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月7日更新

現在服薬している薬をジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替えた場合、薬代の自己負担額をどのくらい軽減できるか試算した差額通知書を送付します。

対象者

ジェネリック医薬品に切り替えた場合、自己負担額が一定以上減額になる可能性がある浪江町国民健康保険の被保険者

※一部負担金が免除されている場合においても、実際にかかる薬の金額が表示しています。

対象診療月

平成30年8月診療分

送付時期

平成30年12月中旬

ジェネリック医薬品とは

医療機関で処方される薬には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。新たに開発された新薬は、一定期間、独占的に製造・販売ができるように特許により守られていますが、特許期間が経過した後に、新薬と同じ有効成分・効用で作られる後発薬がジェネリック医薬品です。

※ジェネリック医薬品を希望する場合は、かかりつけの医師・薬剤師へご相談ください。
※治療内容によってはジェネリック医薬品に切替えすることができません。