ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 介護・福祉 > 介護・年金 > 年金 > 令和元年度国民年金保険料特例免除申請を受け付けます

令和元年度国民年金保険料特例免除申請を受け付けます

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日

国民年金保険料特例免除が延長され、令和元年度の免除申請の受付を開始しました。
平成23年3月11日時点で浪江町に住所を有していた方は、ご本人からの申請により国民年金保険料が全額免除等になります。                                                                                             (所得の審査が不要になります)                                                                                                       免除申請を希望される方は、次の内容をご確認のうえ手続きしてください。

免除期間

【免除・納付猶予】 令和元年7月から令和2年6月までの保険料

【学生納付特例】  平成31年4月から令和2年3月までの保険料

申請の方法

1.お近くの年金事務所、または浪江町役場本庁舎、各出張所の窓口での申請

2.郵送による申請 (浪江町役場本庁舎宛てにお送りください)

 ※ 学生納付特例申請の場合は、「学生証のコピー」 か 「在学証明書」 を添付してください。

申請書ダウンロード

1.国民年金保険料免除・納付猶予申請書 [PDFファイル/1.33MB]

2.学生納付特例申請書 [PDFファイル/1.26MB]

 

※ご注意ください

・申請日から2年1か月前までであれば、遡って免除申請をすることができます。                                                                         (例:平成30年度分も申請する場合は、申請書を2枚記入してください)

・免除申請が承認された期間の年金額は、保険料を納付した場合の年金額の2分の1で計算されます。

・免除申請が承認された期間は、10年以内であれば後から保険料を納付(追納)することができます。                                                         免除申請が承認された期間から3年目以降に追納する場合は、当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。 

・国民年金基金に加入している方は、免除申請が承認されると、国民年金基金を脱退することになりますのでご注意ください。

・学生の方は「学生納付特例申請」をご利用ください(学生証のコピーか在学証明書を添付してください)。   

・日本年金機構での審査後(概ね2か月から3か月後)に審査結果通知が送付されます。通知が届くまでの間に納付書等が届く場合が                                                                     あります。通知が届くまでは納付書は保管し、通知が届きましたら免除に該当した期間をご確認の上、納付書は破棄してください。

詳しいお問い合わせ

日本年金機構(ホームページ http://www.nenkin.go.jp/<外部リンク>

平年金事務所 0246-23-5611

Get Adobe Readerアドビリーダー

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページ<外部リンク>から最新版を無償で入手できます。