ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・医療 > 健康管理 > 予防接種 > 風しん追加的対策について

風しん追加的対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月29日

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象とした「風しん抗体検査」及び「風しん第5期定期予防接種」のご案内

 風しんは、感染者の咳やくしゃみ、会話などで飛びちるしぶきを吸い込んで感染します。電車や職場など人が集まる場所で、多くの人に感染させる可能性があります。特に、妊娠早期の妊婦に風しんを感染させると、赤ちゃんが先天性風しん症候群になる可能性があります。
 これまでの制度の変遷上、風しんに係る公的な予防接種を受ける機会がなかった以下の方について、風しんの定期接種の対象となりました。

対象の方

  1.  昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性
  2.  昭和37年4月2日から昭和47年4月1日の間に生まれた男性

※令和元年度は「1」の方に令和元年5月にクーポン券を送付しました。「2」の方には令和2年度にクーポン券を送付する予定です。
※「2」の方も、令和元年度に抗体検査を希望する場合は、クーポン券を送付しますので、お問合せください。

クーポン券有効期限

 今年度発送するクーポン券の有効期限は令和2年3月31日までです。
 対象の方で、今年度抗体検査等を受けられなかった方については、来年度改めてクーポン券を送付する予定です。

接種方法

  1.  対象の方にはクーポン券が届きます。
  2.  クーポン券をお持ちになって、医療機関または町・職場等の健診で、抗体検査を受けてください。
  3.  抗体検査の結果により、風しんへの抵抗力がないことが分かった方については、無料で予防接種を受けることができます。

予防接種までの流れ