ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康保険課 > 台風19号で被災され保険証を紛失した場合でも医療機関を受診できます

台風19号で被災され保険証を紛失した場合でも医療機関を受診できます

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月21日

令和元年台風19号により被災された国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入されている方へ

浪江町の国民健康被保険者証(または後期高齢者被保険者証)を紛失した場合でも医療機関を受診することができます

台風19号による被災に伴い、浪江町の国民健康被保険者証(または後期高齢者医療被保険者証)を紛失、もしくは自宅等に残したまま避難している方は、次の1~4を医療機関等にお伝えいただくことで、保険証がなくても保険医療を受けることができます。

1.氏名
2.生年月日
3.連絡先(電話番号等)
4.浪江町の住所と、加入している医療保険者(1),(2)のどちらに加入しているか

  (1)75歳未満の方は「(福島県双葉郡)浪江町の国民健康保険」
  (2)75歳以上の方は「福島県後期高齢者医療保険」

 

詳細につきましては、厚生労働省のホームページをご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06756.html<外部リンク> (厚生労働省の案内ページ)

 

また、保険証を紛失した場合には再交付を行いますので、下記リンク先のページ(保険証等を紛失したとき)をご参照のうえ、浪江町役場健康保険課国保年金係までお問い合わせください。