トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 平成29年度下半期の話題

平成29年度下半期の話題

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月13日更新

追悼式 特別捜索

3月11日、浪江町内の如水典礼さくらホールにおいて、浪江町東日本大震災七周年追悼式が行われました。東日本大震災から7年。追悼式にはご遺族・来賓合わせて165名の方が出席しました。式の始めに参加者全員で黙とうをささげ、犠牲になられた方々のご冥福を祈りました。また、請戸地区では、行方不明者の特別捜索も行われ、行方不明者の手掛かりとなるようなものが発見されました。

芸能祭① 添田哲平さん

3月3日、浪江町地域スポーツセンターで浪江町芸能祭が開催されました。町内での開催は、震災後初めてのことで、町の芸術文化を大切に維持していこうと活動を続けてきた浪江町芸術文化団体連絡協議会の各団体が、民謡や舞踊など、日頃の活動成果を披露されました。また、特別ゲストとして浪江町出身のピアニスト添田哲平さんらによるピアノとヴァイオリンの二重奏があり、来場された皆さんは、町の芸術文化を懐かしむとともに、心地よいピアノの調べに心を和ませました。

安波祭① 安波祭② 安波祭③

2月18日、7年振りに請戸地区の苕野神社において、安波祭が行われ、神事の後に雅楽、神楽、田植踊が奉納されました。安波祭は約300年前から続く伝統行事で、町の無形民俗文化財に指定されています。震災後は仮設住宅で開催されていましたが、浪江町での開催に多くの住民が集まり、ふるさとでの伝統行事の復活を喜びました。

ステージイベント 出展ブース

1月21日、浪江町地域スポーツセンターで「先端農業技術体験フェア」が開催されました。
このイベントは経済産業省、農林水産省、福島県の主催で、福島イノベーション・コースト構想の対象となっている浜通り地域の農業者など最先端の農業を担う方々が参集しました。
ステージプログラムでは、ふくしま次世代農業セミナーと題して施設園芸、花卉(かき)栽培についての講演やディスカッション、先端農業技術に関するブースなどが出展され、効率的な農業生産を実現する先端技術を目にしようと約200名の方が来場されました。 

あるけあるけ 初日の出 請戸漁港出初め

元日、浪江町内で「あるけあるけ初日詣大会」が開催されました。この大会は、「まち・なみ・まるしぇ」から大平山霊園までの行程3キロメートルを歩き、初日の出を参拝するもので、参加者は夜明け前に「まち・なみ・まるしぇ」に集合し、大平山霊園において、穏やかな青空に昇る初日に町の復興を願いました。
翌2日、請戸漁港において、1年間の海上安全と豊漁を祈願する出初式が行われました。出初めでは、各漁船が彩り鮮やかな大漁旗を青空にはためかせ、集まった参観人は、その船団が出港する雄姿に見入っていました。
どちらの行事も震災前は、浪江町を代表する恒例行事でしたが、東日本大震災後は実施されておらず、昨年3月31日に町の避難指示の一部が解除されたことに伴い、7年振りに開催されたものです。

点灯セレモニー なみえライトアップ役場風景 なみえライトアップ

12月20日、なみえライトアップ点灯式が浪江町仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」で開催されました。期間中は、まち・なみ・まるしぇ、浪江町役場、浪江駅などがライトアップされています。震災前、冬になると町内は色鮮やかなイルミネーションの光で彩られていました。点灯時間は17時から22時、点灯期間は平成30年1月31日までとなっています。

挨拶 会場入口 会場

11月25日と26日、浪江町地域スポーツセンターにおいて、復興なみえ町十日市祭が開催されました。
町内で十日市が開催されるのは、震災後初めてのことで、町出身歌手によるステージ、自治会や小・中学校の作品展示、約100の露店が並び、天候にも恵まれ、多くの来場者で賑わいました。また、十日市祭に併せて、ふるさとの祭り2017in浪江とドローンフェスタ2017in浪江町が開催され、ふるさとの祭りでは浪江町から6団体が参加し、民俗芸能を披露しました。
震災前まで十日市は、浪江神社の祭日に近い毎年11月下旬の3日間、全町をあげて新町通りで開催されていましたが、震災後は二本松市で開催、町内では、実に7年振りに開催されたものです。

シンポジウム なみえ焼そば

11月12日、浪江町地域スポーツセンターにおいて、地域創造シンポジウムin浪江が開催されました。シンポジウムでは、スポーツコメンテーターの鈴木尚広さん(元読売巨人軍・相馬出身)が「一瞬に賭ける生き方」と題して、準備(練習)の大切さ、日々の積み重ねの重要さなどをご自身の経験を交え、講演されました。また、パネルディスカッションでは、スポーツ選手だからこそできる地域の創造について述べられました。この日、鈴木さんは「まち・なみ・まるしぇ」にも訪れ、なみえ焼そばを堪能されました。

清掃ボランティア1 

10月21日、国道6号沿線の9会場において、清掃ボランティア活動「みんなでやっぺ!!きれいな6国」が実施されました。
この活動は、NPO法人ハッピーロードネットの主催により実施されたもので、浪江会場では小雨のぱらつく中約100名の方が参加し、町民の方や町を訪れる方が心地よく過ごせればとの思いから、国道6号や中心市街地のゴミを拾い集めました。