ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > すぐわかる浪江町 > ポケットモンスター(ポケモン)

ポケットモンスター(ポケモン)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月15日

浪江町は、ポケットモンスター(ポケモン)の作者のお父様の出身地であることから、町内にはポケモンに関連したスポットがあります。

ラッキー公園 in なみえまち

全国初!「ふくしま応援ポケモン」のラッキーがモチーフの「ラッキー公園 in なみえまち」が、令和3年(2021年)12月12日、道の駅なみえの敷地内に開園しました。

「株式会社ポケモン」から、浪江町を含む県内4市町村にラッキーをデザインした遊具が贈呈され、「ラッキー公園 in なみえまち」は全国で初めてポケモンの遊具が設置された公園となります。
子どもたちの遊び場となることはもちろん、全国からポケモンファンが集まるスポットになると期待されています。

また、公園内にはポケモンの作者のお父様から寄贈された紅房桜も植樹されました。

さらに、位置情報アプリゲーム「Pokémon GO」と連携した取り組みも開始されたほか、「道の駅なみえ」には、ポケモンセンターオリジナルグッズを中心に、さまざまなポケモングッズが購入できるコーナーがオープンしました。

ラッキー公園in道の駅なみえ1

ラッキー公園in道の駅なみえ2

 

ラッキー公園inなみえまち [PDFファイル/9.97MB]

 

ポケふた

ポケモンの人気キャラクター「ラッキー」が描かれたマンホールのふた「ポケふた」が、「道の駅なみえ」敷地内に設置されています。
「ポケふた」は、福島県が県内各地の復興支援や地域振興を目的に、株式会社ポケモンと共同で設置。
1枚ごとに絵柄が異なる「世界に一つだけのマンホール」で、浪江町の「ポケふた」には、幸せをもたらすとされ、「ふくしま応援ポケモン」に任命されている「ラッキー」が船に乗る姿が描かれています。
「ポケふた」をきっかけに、より多くのファンが訪れることで、より一層、町に賑わいが戻ることが期待されています。

ポケふた

ポケモンフィギュア

ポケモンのキャラクターフィギュアが、JR浪江駅の「なみえまるみえ情報館」に展示されています。
ガラスケースにずらっと展示されているので、お気に入りのポケモンが見つかるはず。
是非、ふくしま応援ポケモンの「ラッキー」も探してみてください。

ポケモンフィギュア1 ポケモンフィギュア2


Ⓒ2021 Pokémon. Ⓒ1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

 

紅房桜

震災前、ポケモンの作者のお父様から浪江町へ、紅房桜の苗木を寄贈していただきました。
苗木は浪江町役場敷地内のほか、町内数か所に植樹しています。
紅房桜は、例年、3月中旬から咲き始め、ソメイヨシノよりも一足先に春の便りを運んでくれます。
名前のとおり、紅色に近い濃いピンク色が特徴で、釣り鐘のように下向きに花が咲きます。
春に浪江町へお越しの際は、紅房桜と、請戸川リバーラインのソメイヨシノをお楽しみください。
浪江町役場においては、年によっては、ソメイヨシノと紅房桜が同時に開花となり、そのコラボレーションを楽しむことができます。

紅房桜1

紅房桜2