ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 引越・くらし > 町内への立入り > 公益目的での立入り(申請書) > 【個人向けの一時立入申請方法】公益目的の一時立入りについて

【個人向けの一時立入申請方法】公益目的の一時立入りについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月1日

浪江町の帰還困難区域の立入りについて

 

帰還困難区域への立入りは通行許可証が必要となりますので、必要な申請を行い通行許可証の交付を受けて立入りしてください。

▼帰還困難区域に該当する地域

 井手、小丸、大堀、酒井、末森、室原、津島、南津島、川房、昼曽根、下津島、赤宇木、羽附

コールセンター受付による立入りの休止日や、帰還困難区域外にお住まいだった方などで、墓参やご実家等へ立入りする場合は「公益目的での一時立入に関する申請書(住民公益)」を申請し、「住民公益一時立入車両通行許可証」の発行を受けて立入りをしてください。なお、立入り場所により立入り方法等が異なりますので、詳しくは一時立入担当までご連絡ください。

(注意事項)

・住民公益一時立入車両通行許可証での立入りで、道路の鍵付きバリケードの開閉は国の係員が行いますので、立入り時間を正確にご記入ください。

・住居等前の鍵付きバリケードがある方は、当日指定のスクリーニング場にて鍵番号をお知らせします。

当日立入りの申請及び通行許可証の発行はご相談ください。余裕をもって申請してください。

・通行許可証の受け取りは、閉庁日でも役場本庁舎(日直)のみ可能です。

1 様式ダウンロード

a.申請書ダウンロード

2.コールセンター受付の立入りについて

帰還困難区域へ立入りされる方で問い合わせ番号をお持ちの方は、コールセンターへ電話をし実施日の中から、ご都合のよい日に予約をして立ち入りを行います。

コールセンター電話番号 0120-220-788

受付時間 : 平日 8時~20時、 土日・祝日 8時~17時

立入り