ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 住民課 > 【令和元年11月5日より】住民票等に旧氏が併記できるようになります

【令和元年11月5日より】住民票等に旧氏が併記できるようになります

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月5日

 旧氏とは

 その人の過去の戸籍上の氏のことです。
 氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載されています。

 旧氏併記はこんなときに役立ちます

 ・各種の契約や銀行口座の名義に旧氏が使われる場面で、その証明に使えます。
 ・就職・転職時等、仕事の場面でも旧氏で本人確認ができます。
  住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます! [PDFファイル/919KB]

 併記できる旧氏は?

 ・旧氏を初めて記載する際には、任意の旧氏を一つ記載できます。
  一度記載した旧氏は、婚姻等により氏が変更されていてもそのまま記載できます。
  旧氏は、他市区町村に転入しても引き続き記載できます。
 ・氏が変更した場合には、直前に称していた旧氏に限り、変更できます。
 ・記載した旧氏の削除はできますが、その後氏が変更した場合に限り、削除後に称していた旧氏の再記載ができます。

 旧氏を併記するためには、どうしたらいいの?

 住民票に旧氏を記載するための請求手続が必要になります。
 住民票に旧氏が併記されると、マイナンバーカードや個人公的認証サービスの署名用電子証明書・印鑑登録証明書にも旧氏が併記されます。
 また、旧氏での印鑑の登録も可能になります。
  旧姓(旧氏)を併記するためには、どうしたらいいの? [PDFファイル/440KB]

 旧氏併記のための請求手続きに必要なもの

 1.戸籍謄本等
  
希望する旧氏が記載されている戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本から、現在の氏が記載されている戸籍謄本まで、すべての戸籍謄本が必要となります。
  浪江町が本籍地の方は戸籍の取得方法については(戸籍・住民票・印鑑証明書等の発行について)をご覧ください。
 ※旧氏は1人に1つだけつけることができ、初回のみ過去の氏の中から1つを選んで併記することができます。
 ※本籍地と住所地が同じ場合でも、戸籍謄本等は必ずご提出ください。
 2.マイナンバーカード(写真付き)または通知カード
  
用意した戸籍謄本等と一緒にマイナンバーカード(通知カード)を持って、浪江町役場住民課住民係、または二本松事務所までお越しください。
 

 3.本人確認書類
  
運転免許証やマイナンバーカード、住基カード等の顔写真付き公的証明書、もしくは2点以上の身分証明書を必ずお持ちください。
  ↠本人確認書類として確認可能な書類はこちら(本人確認書類一覧)をご覧ください。

 4.旧氏記載請求書
  
住民課住民係、または二本松事務所の窓口にも備え付けてあります。
  ↠様式のダウンロードはこちら [PDFファイル/95KB]
  
↠請求書の記入例はこちら [PDFファイル/76KB]

 旧氏併記の請求が行える場所

 浪江町役場住民係、二本松事務所

 ※郵便での請求はできませんのでご注意ください。

 

Get Adobe Readerアドビリーダー

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページ<外部リンク>から最新版を無償で入手できます。