ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > あの日から10年・・・浪江町震災・復興記録誌を発行しました

あの日から10年・・・浪江町震災・復興記録誌を発行しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月7日

 発災から10年を迎え、このたび浪江町震災・復興記録誌を発刊する運びとなりました。本誌は、地震・津波・原発事故による被害等の「震災の記憶・記録」、震災前の活気のある浪江町を取り戻すための「復興への軌跡」だけにとどまらず、町民の皆さんからの「ふるさと浪江への想い」まで記載してます。

 また、近年激甚化する災害が頻発しており、毎年、日本各地で数多くの被害が出ております。本誌を通じて防災意識の向上、災害への備えの一助になれば幸いです。

浪江町震災・復興記録誌(平成23年3月11日~令和3年3月31日)

浪江町震災記録紙 表紙

○全体データ

浪江町震災・復興記録誌 単ページ版  [PDFファイル/44.15MB]

浪江町震災・復興記録誌 見開き版 [PDFファイル/42.89MB]

 

○各項目データ

・ 表紙 ・扉 [PDFファイル/2.31MB]

・ 発刊にあたって・目次 [PDFファイル/1.07MB]

第1章 東日本大震災および原子力災害の記憶

・ 浪江町の概要 ・東日本大震災の概要 [PDFファイル/2.15MB]

・ 津波の概要 ・原子力災害の概要 [PDFファイル/1.44MB]

・ 浪江町の被害 ・各地区の被災状況 [PDFファイル/1.41MB]

第2章 発災から復旧期まで。浪江町が歩んだ激動の10年

・ 3月11日初動期の対応 ・発災直後の町の状況 [PDFファイル/9.01MB]

・ 津島地区への避難 ・津島地区から二本松へ再避難 [PDFファイル/10.09MB]

・ 二本松市東和支所、避難所での対応 ・二次避難、始まる [PDFファイル/2.07MB]

・ 応急仮設住宅の入居募集開始 ・浪江町が警戒区域になる [PDFファイル/2.38MB]

・ 復興の礎となった「暗中八策」 [PDFファイル/930KB]

・ 座談会「避難、そのとき私たちは。」 [PDFファイル/1.55MB]

・ ふるさとなみえの再生に向けた復旧元年 ・浪江町復興計画【第一次】 [PDFファイル/2.72MB]

・ 特集1 「あの時、あなたの笑顔があったから」 [PDFファイル/1.25MB]

・ 全国から浪江町に寄せられた支援 ・復旧、復興計画に着手 [PDFファイル/2.06MB]

・ 避難区域再編 ・復興のターニングポイント [PDFファイル/2.62MB]

・ 浪江町復興まちづくり計画 ・復旧、復興を目に見える形に [PDFファイル/2.67MB]

・ 復旧実現期の最終ステージ [PDFファイル/2.22MB]

・ 避難指示解除 ・地域コミュニティを再構築 [PDFファイル/2.48MB]

・ 浪江町復興計画【第二次】 ・町のこしのバトン [PDFファイル/2.65MB]

・ 新しいふるさとづくり ・ふるさとの再生に向かって [PDFファイル/2.35MB]

・ 特集2 「若者が伝える、私の3月11日」 [PDFファイル/1.28MB]

・ 学び舎の思い出 ・浪江小学校 [PDFファイル/2.28MB]

・ 幾世橋小学校 ・請戸小学校 [PDFファイル/2.33MB]

・ 大堀小学校 ・苅野小学校 [PDFファイル/2.39MB]

・ 津島小学校 ・浪江中学校 [PDFファイル/2.99MB]

・ 浪江東中学校 ・津島中学校 [PDFファイル/2.91MB]

・ 浪江町立小、中学校における休校、閉校までの経緯 [PDFファイル/1.61MB]

第3章 町のこし 浪江を取り戻すために

・ 除染、拠点整備 ・住まいの再建、絆維持 [PDFファイル/2.57MB]

・ 教育 ・医療、福祉 [PDFファイル/2.31MB]

・ 農林業 ・漁業 [PDFファイル/2.35MB]

・ 商工業 ・伝統芸能 ・住民意向調査 [PDFファイル/3.5MB]

・ 特集3 「ふるさとへの想い、それぞれの決断」 [PDFファイル/1.63MB]

第4章 ふるさと再生 持続可能なまちづくりへ

・ 現在の町の復興状況 ・空から見たふるさとの現在 ・未来へ生まれ変わる浪江町 [PDFファイル/2.79MB]

・ 浪江町が目指す「持続可能なまちづくり」 ・追悼式、慰霊祭 [PDFファイル/1.82MB]

・ 次代に伝えたい私たちの想い [PDFファイル/5.06MB]

・ 資料編 [PDFファイル/1.45MB]

・ 裏表紙 [PDFファイル/361KB]

 

 

Get Adobe Readerアドビリーダー

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページ<外部リンク>から最新版を無償で入手できます。